弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 鳥井野獅子踊
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 鳥井野獅子踊

ここから本文です。

鳥井野獅子踊

鳥井野獅子踊

【市指定無形民俗文化財】

 

 

 
よみがな
とりいのししおどり
員数
1組
文化財の概要
 
指定年月日
昭和61年1月8日
所在地
弘前市大字鳥井野
所有者・管理者
鳥井野獅子踊保存会
 
鹿獅子の系統に属し、一人立三人舞である。
舞は男獅子2頭、女獅子とオカシコで構成される。一般に男獅子、中獅子と分けるが、鳥井野獅子踊では男獅子2頭という。囃子は笛と手平鉦と太鼓で構成され太鼓が謡をうたう。
獅子おこしは、以前はお山参詣が過ぎた旧暦8月2日におこなったが、現在は会員がその年最初に顔をあわせる日を獅子はじめとし、年末に獅子おさめをする。7月16日の産土の白山姫神社の祭礼に奉納し、また旧の8月十五夜にも踊る。
曲目は「街道踊り」と前庭の「橋踊り」「女獅子隠しの踊り」、後庭の「山の踊り」「女獅子隠しの踊り」がある。庭とは獅子踊の場面をいう。伝承活動を続けられている。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る