• HDW official instagram
  • HDW official Facebook
  • HDW official Twitter
  • HDW official YouTube Channel


「弘前アップルデザインアワード2017」フォローアップ事業

※申込受付は終了しました。

世界から集まったりんごのデザインを形にしませんか?
世界的デザインサイト「designboom」と連携して、りんごのデザインを世界公募する「弘前アップルデザインアワード2017」を実施した結果、世界47カ国962点の応募の中から選ばれた作品と県内から応募のあった作品について、企業や団体等で使用したい、あるいは商品化したいなど活用を希望される方をマッチングします!
みなさまのお申し込みをお待ちしております!


対象のデザイン

本アワードの1次審査通過作品及び県内から応募のあった作品 118点
対象デザイン一覧
1次審査通過作品の詳細はこちら(designboom公式WEBサイトにジャンプします)

 

マッチングの申し込み

対象のデザインの活用を希望される方は以下の手続きが必要となります。

申込方法 デザインの活用を検討される方は、『「弘前アップルデザインアワード2017」商品化等検討における申込書』に必要事項を記入の上、弘前デザインコンソーシアム事務局までメール、FAXにてご提出ください。
申込締切 平成30年4月20日(金)まで
注意事項 ・各作品の権利関係は、現在応募者に帰属しています。
・掲載デザインのうち「商品化受付終了」と記載しているものについては、マッチングが成立したものであり、再度商品化等に関する応募はできかねます。
申込先 弘前デザインウィークコンソーシアム事務局(弘前市 広聴広報課)
TEL:0172-40-0494 FAX:0172-35-0080
MAIL:kochokoho@city.hirosaki.lg.jp

マッチングの流れ

申込書の受付け後、企業とのマッチングの上両者の条件が合致した場合、合意書を事務局に提出の上、商品化を双方で進めていただきます。
※海外のクリエイターとのマッチングについては、通訳等事務局でサポートをさせていただきます。
合意書ダウンロード(Word) 合意書ダウンロード(PDF)


フォローアップ事業の流れ

商品化がすでに進んでいるデザインも!

1つ目は、今回のコンペティションで見事準グランプリを獲得した、地元アーティストGOMAさんの「Apple's light」。被災時、簡単に点灯することができ、人々の心の癒やしになればという想いが込められています。

2つ目は、リンゴ箱を使用した家具「Apple Box Furniture Project」をデザインした地元建築家の蟻塚さんの作品。明治時代から現代まで使用され、地元では馴染みのあるりんご箱。その形や素材を活かした新しい家具の形をデザイン。

これらのデザインが、現在商品化に向けて進行中! 完成品が楽しみですね。