• HDW official instagram
  • HDW official Facebook
  • HDW official Twitter
  • HDW official YouTube Channel


HIROSAKI DESIGN WEEK「SAKURA」2016 レポート

2016年4月に行われた、HIROSAKI DESIGN WEEK「SAKURA」2016の様子をご紹介します。

HIROSAKI DESIGN WEEK 『SAKURA』


事前ワークショップ

2016年4月12日(火) 場所:弘前市立小沢小学校

HIROSAKI DESIGN WEEK「SAKURA」のプレイベントとして、イラストレーターの田中靖夫さんを迎え、弘前市立小沢小学校の子どもたちを対象に針金アートやペーパーナプキンお絵かきのワークショップを開催。
子どもたちは思い思いに魚や恐竜をつくり、楽しんでいました。



HIROSAKI DESIGN WEEK「SAKURA」オープニング

2016年4月23日(土)・24日(日) 場所:弘前公園

弘前さくらまつり開会式に併せてオープニングセレモニーを開催。
アートユニット「明和電機」の土佐信道さんのパフォーマンス後、弘前城お城ロボット公開とともに、特別ゲストとして歌手の水木一郎さんがテーマソング「超城合体タメノブーンV(ファイブ)」を熱唱し、会場を沸かせました。
そのほか、さくら色のものを身につけて弘前さくらまつりを盛り上げる「弘前さくら色プロジェクト」も弘前デザインウィークとのコラボ企画として行われました。



オモロボワークショップ

2016年4月23日(土)・24日(日) 場所:まちなか情報センター

アートユニット「明和電機」の土佐信道さんを講師に迎え、子ども達の自由な発想を引き出し、とにかく面白いロボットを形にするというワークショップを開催。白衣に身を包んだ子どもたちは、ワクワクしながら作品づくりに没頭している様子でした。
最優秀に選出された作品は今年の秋に開催される「TOKYO DESIGN WEEK 2016」で、弘前代表作品としてロボットの模型が展示されます。




子ども感性ワークショップ

2016年4月23日(土)・24日(日) 場所:弘前公園

イラストレーターの田中靖夫さんを講師に、針金アートやペーパーナプキンを使ったお絵かきといった子どもの感性を伸ばすワークショップを開催。
イベント当日は参加者が途絶えることもなく、子どもたちは創造力を働かせながら作品づくりに夢中になっていました。
また会場では、事前ワークショップでの作品やイベント当日完成したユニークな作品がボードに展示されました。




インスタグラマーワークショップ

2016年4月23日(土)・24日(日) 場所:弘前公園

弘前公園内でインスタグラマーが写真の撮り方を教え、弘前の春の魅力を発信するワークショップを開催。
当日は弘前公園の桜も満開ということもあり、参加者とインスタグラマーは公園内の撮影スポットを見つけては、楽しげに写真撮影していました。



弘前プレゼン大会&夜桜会

2016年5月4日(水・祝) 場所:弘前文化センターほか

弘前のご当地アイドル「りんご娘」のライブから、プレゼン大会がスタート。
茂木健一郎さん(脳科学者)、伊東豊雄さん(建築家)、廣村正彰さん(グラフィックデザイナー)、川上麻衣子さん(女優・ガラス工芸作家)、そして弘前市長の5名をコメンテーターに、弘前のクラフトマンや大学生たちが、「弘前の未来を彩るアイデア」をテーマに挑みました。
プレゼン大会の後は、コメンテーターと交流する夜桜会を開催。
参加者は弘前に対する想いをコメンテーターと熱く語り合い、普段体験することの出来ない貴重な時間を過ごしていました。