• 弘前ぐらし 生産量日本一のリンゴを使ったアップルパイ
  • 弘前ぐらし 身近に自然がある暮らし
  • 弘前ぐらし アップルパイな午後
  • 弘前ぐらし 豊かな自然に囲まれた暮らし
  • 弘前ぐらし 弘前ならではの雑貨に出会う
弘前は美しい。厳しい冬を越え、桜の春を迎え、祭りの夏を笑い、実りの秋を味わう。四季に彩られた街は、そこに住む人の心を育み温かくする。都会ではなくなりつつある「豊かさ」がこの街にはまだ残っている。

弘前ってどんな街?

1. 自然と都市文化が心地いい、レトロモダンな街
城下町でありながら、瀟洒な洋館がたくさん残り、和洋の異文化が混在する街。商店街には大手書店が2店あり、都市機能も充実!
2. 地元のこだわりのお店が楽しい
雑貨や洋服のセレクトショップ、個性豊かな喫茶店やバー、フレンチなどがあり、街歩きが楽しい。Uターンのオーナーも多いです。
弘前は自然と都市文化が混在する街
3. 学園都市だから、若い人が多い
大学が弘前大学(国立大学)など6校、高校は10校あります。県外から来る学生も多く、大勢の若者が暮らしています。
4. 夏も冬も遊びのメニューが盛りだくさん
岩木山や白神山地が近くにあり、米とりんご(生産量は日本一!)など農業が盛んで自然たっぷり。子育てに最高の環境です。
5. 新鮮な食材がおいしい!
野菜はいつも新鮮で安く購入することができます。毎朝届く西海岸(日本海のことです!)の魚も新鮮でとてもおいしいですよ。

移住者インタビュー

加藤裕人さん

加藤裕人さんインタビュー

出身地:群馬県富岡市
移住年:2014年1月/職業:加藤醸造元 営業

1985年生まれ。大学時代から交際していた諭絵さんとの結婚を機に弘前市へ移住。趣味は野球観戦。

もっと見る

小川源太さん・亜生さん

小川源太さん・亜生さんインタビュー

出身地:北海道札幌市
移住年:2015年1月/職業:農業法人勤務

1981年生まれ。弘前大学に進学し、北海道に戻り就農。再度青森に渡る。趣味は温泉めぐり。青森には知られていない秘湯があることもうれしいという。亜生さんは埼玉県幸手市出身。

もっと見る

斎藤美佳子さん

斎藤美佳子さんインタビュー

出身地:北海道札幌市
移住年:2012年12月/職業:自営業

1974年生まれ。弘前市出身で共通の趣味を持つ夫・崇さんと結婚し、移住。弘前市での日々の生活の様子をブログに綴り、有名ブロガーからシェアされることも。

もっと見る

松原範幸さん

松原範幸さんインタビュー

出身地:岐阜県多治見市
移住年:2005年6月/職業:うつわ珈琲「豆人」オーナー

1959年生まれ。大学卒業後、就職のため渡米。弘前に移住するきっかけのひとつとなる弘前出身の菜緒子さんと出会う。帰国後は横浜へ、46歳の時に弘前へ移住。

もっと見る

篠原敏夫さん

篠原敏夫さんインタビュー

出身地:栃木県宇都宮市
移住年:1981年5月/職業:篠原牧場オーナー

1946年生まれ。高校卒業後、家業だった農家を手伝うが、牛飼いに興味を抱くようになり、肉牛繁殖を志す。野球好きで、地元の熟年野球チームにも所属している。

もっと見る

伊東竜太さん

伊東竜太さんインタビュー

出身地:神奈川県横浜市
移住年:2000年4月/職業:農家

1980年生まれ。弘前大学に進学した後、農業に興味を抱き、市内の果実園に就職。09年に弘前で農地を購入し、「岩木山の見えるぶどう畑」を開業。

もっと見る

奈良岡れい子さん

奈良岡れい子さんインタビュー

出身地:神奈川県横須賀市
移住年:2001年2月/職業:セレクトショップage店長

1976年生まれ。弘前市出身の孝一さんとの結婚を機に移住。01年にセレクトショップ「age」を開業し、1児の母として仕事と子育てを両立している。

もっと見る

移住コンシェルジュにご相談ください

移住経験者が移住コンシェルジュを務めていますので、お気軽にご相談ください。

弘前市 移住コンシェルジュページへ

移住に関する支援・詳細情報

移住に関する詳しい情報は、市の公式サイトをご覧ください。

移住サイト 移り住む先、弘前。ヒロとサキ

移住生活に役立つガイドブックがあります

「弘前ぐらし」電子パンフレットは、弘前ぐらしの先輩(移住者)インタビューや文化、風土など気になる弘前のこと、移住生活に役立つ情報満載です。

弘前ぐらしの流れ

まずは家族に相談しましょう。

弘前ぐらしを心に決めたら、まずはご家族に相談してみましょう。全てを自分だけで決めてしまうと、後々家族間でのトラブルが生じる可能性があります。ご家族の了承を得て、皆であれこれ考えるのも楽しみの一つです。

移住に関して家族に相談

地域の情報を集めてみましょう。

住まいは?体験談は?など気になる情報を集めてみましょう。調べて気になることがあれば、人口減少対策担当までお気軽にご相談、お問い合わせください。

地域の情報を集める

実際に弘前ぐらし体験をしてみましょう。

弘前ぐらしを決めても、いきなり移り住むのは不安なものです。まずは旅行気分で長期滞在してみましょう。民宿やお試しハウスに泊まったり、移住ツアーなどの体験メニューを楽しむと地元の方との交流が深まりますし、情報も集まります。

弘前ぐらしを体験してみる

仕事を見つける。住まいを見つける。

生活を考えると仕事を見つけることは大事です。仕事に就いていないと、住居を借りる時に不利な場合がありますので注意して下さい。弘前に移住してから仕事を見つけようと考えている場合には、充分な生活費(半年~1年分)を用意しておく必要があります。弘前市内にはマンスリーマンションも多く存在しますので、就職準備期間での滞在には大変便利です。面接の度に弘前に来られる方は、不動産情報雑誌を購入しておくと、就職が決まってからの住居探しがスムーズにいくでしょう。

弘前ぐらしをはじめる。

引っ越しが済んだら、まずは近所への挨拶をしましょう。アパートやマンションの場合でも、早く打ち解けるために近所や同じフロアの人に挨拶に行くと良いでしょう。大家さんにも一度挨拶しておくと、何か困ったことが起こった時にスムーズに対応してくれることがあります。また、弘前は人と人とのつながりを大事にしている街です。都会にいた時には特に気にしなかった行事(お祭り行事、地区の役員、清掃行事など)にも参加することが理想的です。その地域に合った地元の方とのお付き合いを心がけましょう。