弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 計画・取り組み > 日本で最も美しい村・岩木
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 計画・取り組み > 日本で最も美しい村・岩木

ここから本文です。

日本で最も美しい村・岩木

日本で最も美しい村づくり特別講演会中止のお知らせ

下記の講演会は都合により中止になりました。

参加を予定されていた皆様におかれましては、

ご了承くださいますようよろしくお願いいたします。

日時(中止)

平成29年12月14日(木)午後2時~午後3時30分

 

会場

岩木庁舎2階 多目的ホール

 

講師

松尾 雅彦さん

 

1941年生まれ。「日本で最も美しい村」連合副会長、カルビー(株)元社長・現相談役。

著書に『スマート・テロワール 農村消滅論からの大転換』(学芸出版社)

 

演題

「『最も美しい村』に入会して、鍵は初めの3年間」

 

 

岩木地区地域おこし協力隊

日本で最も美しい村岩木に、地域おこし協力隊3名が着任しました。

 

岩木地区の住民の皆様と共に、岩木の地域資源を利活用しながら、地域おこしの活動を行います。これからどうぞよろしくお願いします

 

美しい村のページでは、地域おこし協力隊の活動を紹介していきます。

 

協力隊員紹介

 


伊藤 博和(いとう ひろかず)  大阪生まれ

 

趣味:自給自足“的”な事

一言:関東の半導体メーカーで勤務後、携帯電話向けサービス開発会社の立ち上げに参画。妻が弘前出身で、初めて訪れた弘前城の桜の美しさと義父の津軽弁にビビりました。(お気に入り:へば)
 外から目線で、岩木地区の良さを県外に発信し、地域の活性化に繋がる様な施策を実行したいです。

 


 

鎌田 祥史(かまた よしふみ)  浪岡生まれ

 

趣味: 温泉・カラオケ・卓球・よさこい

一言:青森で働きたくて帰ってきました。前職は東京でIT関係で働いていたので、パソコン関係でお困りであれば力になれることもあると思います。
  温泉が好きなので、岩木の温泉を勉強して魅力を発信していきたいです。

 


 

佐々木 直美(ささき なおみ)  弘前生まれ

 

趣味:こぎん刺し・編み物などの手芸

一言:神奈川から30年ぶりのUターン。久しぶりに岩木山が見える生活が心地いいと感じています。
  雑貨メーカーやイベント企画の前職を生かし、地域に根付いているものづくりや工芸の分野を応援したいと考えています。

 

地域おこし協力隊新聞

地域おこし協力隊新聞 Vo.2 2017.12月PDFファイル(1013KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 (百沢フィールドワーク、美しい村連合フォーラム、岩木文化祭)

 

地域おこし協力隊新聞 Vo.1 2017.11月PDFファイル(1181KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 (協力隊自己紹介、世界一の桜並木オオヤマザクラ植樹会)

 

「日本で最も美しい村」フォトコンテスト2017審査結果

グランプリ・特選・佳作・入選受賞作品19点が決定しました。

岩木地区の写真も入賞しています。

 

入賞作品は下記リンク先からご覧ください。

日本で最も美しい村フォトコンテスト2017審査結果
このリンクは別ウィンドウで開きます

 

【終了しました】日本で最も美しい村 岩木フォトコンテスト

日本で最も美しい村岩木フォトコンテスト

 ※開催は終了しました。受賞作品や実施要領がご覧になれます。

 

 

 弘前市と岩木地区の団体などで組織する「日本で最も美しい村づくり岩木協議会」(会長:齊藤爾岩木山観光協会会長)は、NPO法人「日本で最も美しい村」連合へ加盟しました。

 

(平成28年10月7日に静岡県松崎町で行われた「日本で最も美しい村」連合フェスティバルで正式承認されました。)

日本で最も美しい村づくり岩木協議会組織図PDFファイル(53KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

NPO法人「日本で最も美しい村」連合とは

(NPO法人「日本で最も美しい村」連合ロゴマーク)

 

 過疎化や少子高齢化の流れが進む中で、日本各地で長い年月にわたり、自然と人間の営みにより受け継がれてきた美しいふるさとの風景が消えようとしています。本当に美しい日本を未来に残したい、小さくてもオンリーワンの輝きを持つ日本の美しい村を守りたい、それが「日本で最も美しい村」連合の基本理念です。
 美しい村連合は、フランスの「最も美しい村運動」をモデルとして、2005年に旧岩木町と姉妹都市であった北海道美瑛町をはじめとする7つの町村が設立しました。現在64の地域が加盟しています。また、美しい村連合は、フランス、イタリア、ベルギーのワロン、カナダのケベックが加盟する「世界で最も美しい村連合会」に加盟しています。
 美しい村連合は、素晴らしい地域資源を持つ地域が、「日本で最も美しい村」を宣言することで、
1 自らの地域に誇りを持ち、将来にわたって美しい地域づくりを行うこと
2 住民によるまちづくり活動を展開することで地域の活性化を図り、地域の自立を推進すること
3 生活の営みにより作られてきた景観や環境を守りこれらを活用することで観光的付加価値を高め、地域の資源の保護と地域経済の発展に寄与することを目的としています。


このリンクは別ウィンドウで開きます

NPO法人「日本で最も美しい村」連合ホームページ

 

美しい村として認められた地域資源

1 岩木山を背景に広がるりんご畑と田園風景

 岩木山は、日本海からの冷たい風からりんご畑を守り、岩木山の火山灰土壌と昼夜の寒暖差により、嶽きみが育ち、岩木山からの豊富な伏流水により、一町田地区ではせりの栽培が盛んです。
 岩木山からの恵みと人々の営みにより作り出された風景には、四季折々の美しい景観とそこに暮らす人々の姿が映し出されます。

 

2 お山参詣

 

 岩木山は、古くから「お岩木山(おいわきやま)」、「お岩木様(おいわきさま)」と慣れ親しまれ、人々の寄りどころとして崇められてきました。毎年旧暦8月1日になると、岩木山の神に五穀豊穣と家内安全を祈願すべく岩木山へ登拝します。
 「お山参詣」は、岩木山と共に暮らす人々が、その恵みを受け、自然への敬いの気持ちや実りの秋に感謝をするという精神文化を培ってきています。

 

加盟を契機に

 美しい村連合では、加盟後5年ごとに、最も美しい村づくりの基本理念が継承されているか、より美しい村づくりを目指して運動が定着しているかを再審査で確認しています。地域全体で、美しい村連合の理念と目的に沿った取り組みが必要となります。

 

1 美しい村の維持・向上

 審査では、道路や田畑の手入れが行き届いているとともに、地域全体が清潔であり、まちをきれいにするという思いが伝わってきたと評価されました。また、お山参詣は、住民参加で質が高く、視覚的に魅力的であると評価されました。加盟を契機に、美しい村の住民であるという自信と誇りを持ち、これまで育んできた美しい景観や文化を維持し、向上させていくことが大事です。

 

2 経済の自立

 美しい村連合の日本や欧米の加盟地域どうしのつながりや知名度を活用し、岩木地区の魅力を広く発信できることから、交流人口の増加や地域経済の発展などが期待でき、地域全体で取り組む必要があります。

 

問い合わせ先

担当 岩木総合支所総務課 地域振興係 

電話0172-82-1621

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市政情報メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る