弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 計画・取り組み > 弘前市岩木地区フォトギャラリー
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 計画・取り組み > 弘前市岩木地区フォトギャラリー

ここから本文です。

弘前市岩木地区フォトギャラリー

弘前市岩木地区で2017年10月から地域おこし協力隊として活動している鎌田です。

私が感じる弘前市岩木地区の魅力について、四季の写真を交えて紹介いたします。

 

岩木山と水田

 

 

世界一の桜が知らせる山の春

 

岩木山麓にはオオヤマザクラが立ち並び、「世界一の桜並木」と呼ばれています。

合併前の旧岩木町の時代から住民参加で植樹されました。

弘前の市街地よりもやや遅れて、岩木山に春の訪れを告げます。

 

岩木山上部の雪は7月頃まで残ります。

日々溶けて変わる雪の形は、古くから農作業や季節の目安にされてきました。

 

岩木山の桜並木 岩木山と桜

水面に映る岩木山と桜 水田に反映する岩木山

 

 

鮮やかな緑に染まる夏

 

夏は岩木山がまぶしい緑に染まる季節。

嶽地区にはブランドとうもろこし「嶽きみ」の畑が広がります。

寒暖差によりぎゅっと甘味が増した嶽きみ、一度食べると虜になります。

 

標高1625メートルの岩木山へ登山する人も多くなります。

山頂には、岩木山を御神体とする岩木山神社の奥宮があります。

 

嶽きみ畑と岩木山 かぶとむしと嶽きみ

山頂より見下ろす 岩木山神社奥宮のある山頂

 

真っ赤なりんごと紅葉に色づく秋

 

秋には岩木が誇る真っ赤なりんごや稲穂がたわわに実り、色とりどりの紅葉も相まって、

岩木中がカラフルに色付きます。

有料道路「岩木スカイライン」を通ると、美しい紅葉を見ながら8合目(標高1247メートル)

までドライブできます。

 

旧暦8月1日には、五穀豊穣、家内安全を願う津軽最大の秋祭り「お山参詣」が行われ、

大勢の人が岩木山に集まります。

 

りんごと岩木山 田んぼと岩木山

岩木スカイラインの紅葉 レッツウォークお山参詣

 

 

雪と共に生きる白銀の冬

 

冬には一面雪景色の銀世界となります。

雪で染まった岩木山は厳しくも美しく、津軽の冬を感じます。

 

百沢のスキー場やスノーシューを楽しむフィールドもあり、

この季節だけのアクティビティが楽しめる時期でもあります。

 

岩木の町と岩木山 雪の中の古民家

スノーシューウォーク 元日の岩木山神社

 

 

岩木山に集まる人々

 

岩木山は津軽衆の心の山として、多くの人々が集まってきます。

 

令和元(1)年6月25日には、岩木山の標高1625メートルにかけたイベント「岩木山1625大作戦」を開催。

30年前の平成元(1)年6月25日に、山頂付近に埋めたタイムカプセルをみんなで開封しました。

 

このほか「みんなでつくるこぎん刺し」や「岩木山1625写真展」など、県内外の大勢の人々から岩木山への思いが届きました。

 

▶みんなでつくるこぎん刺し

(県内外450名以上から集まった1000枚のこぎん刺しを繋いだタペストリー)

 

みんなでつくるこぎん刺し

 

 

岩木山1625 ムービー (Youtubeリンク)このリンクは別ウィンドウで開きます

(岩木山の絶景をりんご娘の楽曲「1625」で繋いだムービー)

 

岩木山1625ムービー

 

 

岩木山1625大作戦の記録はこちらから(リンク)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

 


以上、私が岩木地区地域おこし協力隊の3年で出会った岩木の景色を紹介させて頂きました。

季節ごとの魅力がある岩木山と、岩木で生きる人々の暮らしが少しでも伝われば幸いです。

 

皆さまとお会いできる日を、楽しみにしております。(岩木地区地域おこし協力隊 鎌田祥史)

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

市政情報メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る