弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 計画・取り組み > 弘前市経営計画
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 計画・取り組み > 弘前市経営計画

ここから本文です。

弘前市経営計画

本市ではこれまで、平成20年度から平成27年度までを計画期間とした基本構想を定め、また、平成22年度からは平成25年度までを計画期間とする「弘前市アクションプラン」に基づき施策・事業を展開してきました。
しかし、基本構想策定の前提となった社会経済環境は、地方都市を取り巻く社会経済の状況の変化、急激に進む少子高齢化や人口減少、東日本大震災の発生など、ここ数年で大きく変化しています。
そこで本市では、このような変化に迅速に対応し、地域の持続的な成長・発展を実現するため、これまでの基本構想と「弘前市アクションプラン」に代わる地域づくりの新たな最上位計画として、新しい弘前市総合計画となる「弘前市経営計画」を策定しました。
「弘前市経営計画」は、20年という長期的な地域づくりの目標を掲げつつ、機動的な地域経営を行う観点から、市長の任期と同様に平成26年度から平成29年度までの4年間を計画期間としています。また、市民ニーズや社会経済の変化等に柔軟に対応し、取組内容の継続的改善を図るため、PDCAサイクルによる進行管理を毎年度行うこととしています。

弘前市経営計画の内容

弘前市経営計画 : (策定)平成26年5月23日 議決

          (改訂)平成27年3月18日 議決

          (改訂)平成28年3月18日 議決

          (改訂)平成29年3月16日 議決

 

 弘前市経営計画のくわしい内容については、次のPDFファイルでご確認いただけます。

 

 なお、これまで分野横断的な取り組みとして「笑顔ひろさき重点プロジェクト(人口

減少対策)」を設定・展開してきましたが、まち・ひと・しごと創生法に基づき策定した

「弘前市まち・ひと・しごと創生総合戦略」が、人口減少を抑制し、地域経済の維持・

成長を目的としていることから、「笑顔ひろさき重点プロジェクト」を廃止し、「弘前市

まち・ひと・しごと創生総合戦略」を新たに人口減少対策に位置づけました。

概要版

全体版

・計画策定の趣旨・背景
・計画の位置づけ
・計画の策定プロセス

・社会経済の将来展望と今後の取り組みの方向性
・弘前市の20年後の将来都市像(目指す姿)

・戦略の全体像とその概要
・弘前市まち・ひと・しごと創生総合戦略(人口減少対策)
・分野別政策
・戦略推進システム
・市民行動プログラム

・マネジメントシステムの全体像
・計画の推進方策

・ひとづくり
・くらしづくり
・まちづくり
・なりわいづくり
・重点システム
・仕組みづくり

・【参考】弘前市まち・ひと・しごと創生総合戦略【移住対策】(抜粋)

・土地利用の基本方針

・アクションプランの成果と総括
・弘前市が持つ地域資源
・弘前市経営計画の策定体制
・新しい弘前市総合計画策定市民会議提言書

弘前市経営計画の改訂

弘前市経営計画の推進に当たっては、社会経済の動向や地域課題の変化等に機動的に対応するため、毎年度PDCAサイクルを実施し、状況に応じた計画の見直し・改善を図ることとしています。

策定体制

新しい弘前市総合計画の策定にあたっては、これまでの基本構想およびアクションプランにおける課題等を踏まえ、行政のみの検討で策定するのではなく、市民の皆様にも主体的に策定に関わっていただき、20年先の弘前市像を検討していくことができる体制で取り組みました。

新しい弘前市総合計画策定市民会議はこちらをご覧ください
弘前市総合計画策定会議はこちらをご覧ください
弘前市総合計画審議会はこちらをご覧ください

アンケートフォーム

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市政情報メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る