弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 計画・取り組み > 景観づくり > 景観重要建造物等
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 計画・取り組み > 景観づくり > 景観重要建造物等

ここから本文です。

景観重要建造物等

景観重要建造物・景観重要樹木

地域の景観上のシンボルとして親しまれている建造物や樹木は、個性豊かで魅力的な景観づくりに大きな役割を果たしています。
これらの資源を景観づくりに生かすため、景観法に基づく「景観重要建造物」や「景観重要樹木」を指定し、保存と活用を図っていきます。

 

景観重要建造物

平成24年に指定した6件に加え、平成26年2月28日に新たに8件の建造物を指定しました。今回指定したのは、昨年弘前公園側に移設し歴史的景観資源として活用を図った旧第八師団長官舎(弘前市長公舎)、昭和期を代表する建造物であり観光資源としての価値も高い前川國男の作品及び新寺町寺院街の連続する景観の一部を構成し、明治期を代表する建造物としていまもなお商家としての建物が残っている旧町田家住宅です。
景観重要建造物に指定されることにより、建物の所有者は景観法の規定に基づき適正な管理義務を負うほか、増築や外観を変更する修繕等の際は市の許可が必要になりますが、市では改修費等の一部を助成する制度を設け、規制と優遇措置により景観重要建造物の保全を図ることとしております。
今後は、これらの建造物の保全を図るとともに、必要に応じて景観重要建造物の指定の追加を行いながら、弘前ならではの良好な景観づくりを目指していきます。

 

 


【平成24年10月16日指定】

指定番号

建造物の名称

第1号

石場旅館

第2号

木村産業研究所

第3号

旧制弘前高等学校外国人教師館

第4号

三上ビル(旧弘前無尽社屋)

第5号

旧藤田家別邸
洋館、和館、倉庫(考古館)、冠木門及び両袖番屋

第6号

翠明荘(旧高谷家別邸)
旧洋館、新洋館、日本館、奥座敷、土蔵、門、四阿、塀、中庭廊下 〔中庭を含む〕


【平成26年2月28日指定】

指定番号

建造物の名称

第7号

旧第八師団長官舎(弘前市長公舎)

第8号

青森県立弘前中央高等学校講堂

第9号

弘前市庁舎

第10号

弘前市民会館

第11号

弘前市立博物館

第12号

弘前市緑の相談所

第13号

弘前市斎場

第14号

旧町田家住宅

問い合わせ先

担当 都市政策課

電話 0172-35-1134

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市政情報メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る