弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 計画・取り組み > 環境パートナーシップ協定 > ひろさき環境パートナーシップ21
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 計画・取り組み > 環境パートナーシップ協定 > ひろさき環境パートナーシップ21

ここから本文です。

ひろさき環境パートナーシップ21

ひろさき環境パートナーシップ21

 

「ひろさき環境パートナーシップ21」とは

 

旧弘前市では、平成13年3月に市民参画のもと「弘前市環境基本計画(ひろさきアジェンダ21)」を策定しました。
その後、「弘前市環境基本計画(ひろさきアジェンダ21)」の素案作成に携わった検討委員会のメンバーが、「自分たちが創った計画は、自分たちで推進していこう。」と決意し、市民・事業者主体の自立的な任意組織として設立され、現在に至っています。
会員は約90人で、6つのグループがあり、それぞれがテーマを持って活動しています。


1.生活環境グループ(ごみ、リサイクル、消費生活等)

2.農業環境グループ(自然循環型農業等)

3.快適・文化環境グループ(まちづくり、歴史的文化遺産保全、景観、都市計画等)

4.自然環境グループ(だんぶり池、自然観察、環境学習会等)

5.地球環境グループ(地球温暖化、再生可能エネルギー、省エネルギー、環境学習等)

6.エコクラブ(自然観察、水質調査、壁新聞作り等)


ひろさき環境パートナーシップ21の会則は、次のPDFファイルでご確認いただけます。

 

 

入会

 

入会の申込先は、次のとおりです。

 

○環境管理課 環境保全係

 弘前地区環境整備センター管理棟2階(町田字筒井6-2)(電話 0172-36-0677)


入会申込書は、各申込先に備え付けの申込書、または次のPDFファイルをダウンロードしてご利用ください。

 

 

活動計画・カレンダー

 

ひろさき環境パートナーシップ21の活動計画は、次の各ファイルでご覧いただけます。

印刷する場合は、次のPDFファイルをダウンロードしてから印刷してください。

 

これまでの活動報告

 

ひろさき環境パートナーシップ21の年度ごとの活動内容を次のPDFファイルでご確認いただけます。

 

弘前だんぶり池

津軽弁で「トンボ」のことを「だんぶり」といいます。「弘前だんぶり池」は、自然環境の復元を具現化するために、貴重なトンボなどが残っていた休耕田を利用し、多様な生物が生息する空間、いわゆるビオトープとしてつくった「トンボ池」です。
この弘前だんぶり池ができるまでの様子や、だんぶり池にどのような生物が生息しているかなどは、『弘前だんぶり池』のページでご確認いただけます。

 

弘前だんぶり池 のページ

問い合わせ先

担当 環境管理課 環境保全係

電話 0172-36-0677

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市政情報メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る