弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 計画・取り組み > 都市計画 > 都市再生整備計画事業
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 計画・取り組み > 都市計画 > 都市再生整備計画事業

ここから本文です。

都市再生整備計画事業

1 目的

 都市再生整備計画事業は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした地域主導の個性あふれるまちづくりを実施し、都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るための制度です。

2 概要 

 市町村が作成した都市再生整備計画に基づき実施される事業に対して交付金が交付される制度であり、従来の補助事業に比べ、市町村の自主性・裁量性が大幅に向上したことから、地域の創意工夫を活かした総合的・一体的なまちづくりを進めることが可能となります。
(1)都市再生整備計画の作成
 市町村は地域の特性を踏まえ、まちづくりの目標と目標を実現するために実施する各種事業等を記載した都市再生整備計画を作成します。
(2)交付金
 国は、市町村が作成した都市再生整備計画が都市再生基本方針に適合している場合、年度毎に交付金を交付します。

3 事前評価

事前評価とは

 都市再生整備計画事業は社会資本整備総合交付金に位置付けられており、この制度を活用して社会資本整備を実施しようとする場合、計画の期間や目標、成果指標、交付対象事業等を記載した社会資本総合整備計画(以下「整備計画」という。)の作成が義務づけられており、作成後は整備計画および事前評価の結果を公表することになっています。事前評価では以下の項目等について評価を行うこととなっております。

1 目標の妥当性
 ・上位計画等との整合性
 ・地域の課題への対応(地域の課題と整備計画の目標の適合性)
2 整備計画の効果・効率性
 ・整備計画の目標と定量的指標の整合性
 ・定量的指標の明瞭性
 ・目標と事業内容の整合性
 ・事業の効果(要素事業の相乗効果等)の見込みの妥当性
3 整備計画の実現可能性
 ・円滑な事業執行の環境(事業熟度、住民等の合意形成を踏まえた
 事業実施の確実性)
 ・地元の機運(住民、民間等の活動・関連事業との連携等による事
 業効果発現の確実性)

4 事後評価

事後評価とは

 都市再生整備計画事業の完了後に、事業がもたらした成果(都市再生整備計画に定めたまちづくり目標の達成など)を客観的に検証し、今後のまちづくりのありかたについて検討することや、事業の成果を住民の皆様にわかりやすく説明することを目的としています。

事後評価の流れ

1 事後評価原案の公表
2 都市再生整備計画事業評価委員会による審議
3 評価結果を国へ提出
4 評価結果の公表
5 フォローアップの実施

5 弘前市の都市再生整備計画

 弘前市では、次の地区について都市再生整備計画を作成し、交付金を活用したまちづくりを進めています。

  

計画名

事業期間

事前評価

事後評価

弘前市朝陽地区・りんご公園周辺PDFファイル(5198KB)

平成26~30年度

事前評価シートPDFファイル(219KB)

弘前市中心拠点地区・吉野町PDFファイル(2277KB)

平成27~31年度

事前評価シートPDFファイル(118KB)

問い合わせ先

担当 都市政策課

電話 0172-35-1134

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市政情報メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る