弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 広聴 > わたしのアイデアポスト > 寄せられたアイデアと回答(福祉・保健)
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 広聴 > わたしのアイデアポスト > 寄せられたアイデアと回答(福祉・保健)

ここから本文です。

寄せられたアイデアと回答(福祉・保健)

寄せられたアイデア一覧

もっとハグワークを開催してほしい…(6月回答)
なかよし会にエアコンを設置してほしい…(8月回答)
介護保険被保険者証について…(8月回答)
高齢者の交流の場を作ってほしい。体操教室の定員を増やしてほしい。…(11月回答)

 

アイデアと市の回答

もっとハグワークを開催してほしい

いつも市役所さんで、ハグワークを開催してくれてありがとうございます!

私はハグワークに来て、販売をしているのですが、弘前市役所に来るお客さん、職員さんが買ってくれて、とっても嬉しいです!これからもがんばりたいです!

これを通してわかったことがあって、こんなに楽しいなんて思ってはなくて、すごく生きがいを感じます!これからもっと、ハグワークを開催してほしいです。

【30代女性】

 

回答

この度は、ご提案ありがとうございます。

ハグワークでの販売を楽しく思い、生きがいと感じて下さり、ハグワークが目指している「働く意欲と気持ち」に繋がっていることを実感しております。

さて、ハグワークの出店回数については、「弘前市障がい者就労支援アンテナショップ実施要領」において、「出店回数は週2回程度(原則火曜日、木曜日)」と定められております。現段階では、回数の増加について特に検討予定はございません。今後状況に応じて見直しを行う機会がありましたら、参考とさせていただきます。

また、参加事業所の意向によっては協議のうえ臨時で開催する場合もありますので、利用事業所に提案していただければと思います。また、当市としても、本提案について実行委員会に報告いたします。

今後もハグワークへのご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

【福祉政策課】(平成30年6月7日回答)

なかよし会にエアコンを設置してほしい

至急対応をお願いしたいです。

両親共働きで、夏休みもなかよし会を利用しています。

これだけ暑い日が続き、今日は35度をこえ、なかよし会では小さい教室に90名、熱気で更に体感温度は上がります。

市内のなかよし会によってはエアコン設置している場所もあると思いますが、ないところもあります。

夏の一番暑い時期、一日いっぱい過ごすには、安心して預けられません。

迎えに行くと教室に4台くらい扇風機はありますが、涼しくなるわけもなく…

更にはお弁当も持参で、食あたりも心配です。

暖房と同じように冷房も必要です。

小さい体には酷です。

死亡例もあるので、すぐにエアコンのない施設には設置をお願いしたいです。

体調不良があってからでは遅いです。

安心して利用できるよう対処お願いします。

【女性】

回答

お問い合せありがとうございます。

この7月は、気温が北日本でもかなり高く、30度を超える日がありました。また、8月も北日本では平年並みか高い見込みです。

なかよし会では、利用する児童が安心して過ごすことができるよう、児童の様子に気を配りながら、こまめに水分や塩分をとることや、最高気温だけでなく湿度をみながら、扇風機や遮光器具を使用する等の対策を講じています。これまで、児童が熱中症となるケースは発生していませんが、児童の暑さへの対応は必要と考えています。

ご存じのように、なかよし会の開設場所は、エアコンが設置されている所とされていない所があり、小学校内にはエアコンは設置されていません。

エアコンの設置については財政上即応できませんが、施設の管理者等とも協議を進め、環境の整備を図りたいと思いますのでご理解の程をお願いします。

また、児童の健康管理には、保護者の協力が不可欠であり、ご家庭におかれましても、栄養バランスのとれた食事や十分な睡眠、通気性のよい服装等について、ご配慮くださるようお願いします。

なお、お弁当については、各自で保冷剤等をご活用くださるようお願いしているところです。

【子育て支援課】(平成30年8月6日回答)

介護保険被保険者証について

今月新しい【介護保険負担割合証】が、被保険者宅に郵送になっていますが、同時期に【後期高齢者医療被保険者証】も送付になりました。その為、混乱した被保険者(高齢者)も多くいらっしゃいました。

そこで ご検討をお願いしたいことは、

【介護保険被保険者証】に【負担割合証と負担限度額認定証】の内容が記載できるスペースを確保し、【介護保険被保険者証】一枚で一括管理できれば、被保険者(高齢者)も混乱しないのではないかと思いました。

お忙しいと思いますが、ご検討頂けましたら幸いです。

【50代男性】

回答

【介護保険被保険者証】【介護保険負担割合証】【介護保険負担限度額認定証】につきましては、介護保険法施行規則にて様式が規定されているため、ご提案いただいたような【介護保険被保険者証】1枚に記載内容をまとめる対応はできないものであります。

ただし、医療保険・介護保険関係で類似した認定証等が多くあり混同するというご指摘もあることから、介護福祉課にて発行する認定証等は全て色付きの用紙を使用し、分かりやすく色で区別できるようにしております。

今後もできる限り混乱が生じないような工夫を検討して参ります。

(主なもの)

介護保険被保険者証…ピンク色

介護保険負担割合証…黄緑色

介護保険負担限度額認定証…クリーム色

【介護福祉課】(平成30年8月27日回答)

高齢者の交流の場を作ってほしい。体操教室の定員を増やしてほしい。

地域の人間関係が希薄になって来ていて多くの年寄は孤独に耐えています。空き家でも利用して集まれる場所を提供して下さい。ボケ老人を作らない為、自分の事は自分で出来る、介護をなるべく使わないで少しでも長く現状維持するには人と会って話をする。大切なことですネ。

広報ひろさきに掲載の体操教室にボケ防止と体力維持の為、往復ハガキで申し込みますが、抽選漏ればかりで意気消沈してます。「継続して参加出来る方」とありますが矛盾を感じてます。応募多数の教室はもっと増やすとか、旧態依然の殻を破り、応募者の熱意に応えて下さい。ハガキを出すのがイヤになった…声も聞きます。

・寝たきりを増やさない為、年寄り優先とか

・年齢別の教室を増やすとか 継続は力なり?

楽しく運動出来、介護なしの老後を望んでます。

【70代女性】

回答

〈高齢者の交流の場について〉

弘前市では、高齢者同士や高齢者と各世代との交流を図り、地域の支え合い活動の拠点となる場として「弘前市高齢者ふれあいの居場所」づくりを平成29年度から推進しています。

高齢者ふれあいの居場所は、個人や地域の町会・民生委員などが中心となり、個人宅や地域の集会所などの場所を利用し、月2回や週1回などの頻度で、高齢者が集まって、お茶を飲みながら会話を楽しんだり、体操したり、書道などの趣味活動を行ったりしています。

高齢者の皆さんが、自分の地域で歩いて行けるところに高齢者ふれあいの居場所が存在することが理想でありますが、平成30年10月31日現在で市内13か所と、まだまだ実施場所が不足しているものと認識しております。今後も地域の皆さんに高齢者のふれあい居場所を作っていただけるよう働きかけてまいります。

【介護福祉課】 (平成30年11月28日回答)

 

〈体操教室の定員について〉

ヒロロ3階の健康ホールで実施している「ヒロロ健康サークル」についてのご意見と推察いたします。

ヒロロ健康サークルは、市が、日常生活における健康づくり活動を推進するためのきっかけづくりとして行っている健康運動教室で、40歳以上の市民を対象に、毎月広報ひろさきで募集し、実施しております。

弘前大学が考案した全身運動である「あっぷる体操」やゴムチューブトレーニング等を内容とし、ボランティアで健康運動を指導する「ひろさき健幸増進リーダー」が指導に当たっており、参加された皆様からは好評を得ているところですが、定員を上回る応募がある月もあり、残念ながら参加できない方がいらっしゃる場合もございます。

応募者全員を参加決定できればよいのですが、会場スペースの関係で、危険防止のため定員を30名として実施しており、定員を上回る応募があった場合は、健康づくり活動のきっかけづくりという目的を踏まえ、初めて参加される方、参加回数が少ない方を優先して参加者を決定しております。

したがいまして、参加回数の多い方はご希望に添えない場合もございますことをご理解いただければと存じます。

なお、健康ホールでは、この他、「からだすっきり実践講座」、「ひろさき健幸増進リーダー」が実施する「ヒロロABCサークル」、市スポーツ指導員が実施する運動教室等も開催されています。

また、市では、市内各所で随時、様々な健康教室、運動教室を開催しており、ひろさき健幸増進リーダーが地域等の依頼で指導している健康運動教室も市内各所で実施されています。広報ひろさき等をご覧いただき、ご都合がつくようでしたら、これらの教室等への参加につきましても、ご検討されますようご案内いたします。

ヒロロ健康ホールにおいて、年齢別や高齢者優先の健康運動教室を新たに実施することにつきましては、平成30年7月以降におけるヒロロ健康サークルの応募数が定員に達しておらず、申し込みすれば参加できる状況のため、現在のところは考えておりませんが、今後、再び、定員を超えるような応募状況が続くようでしたら、改めて検討したいと存じます。

【健康づくり推進課】(平成30年11月28日回答)

 

 

 

問い合わせ先

担当 広聴広報課 広聴広報担当

電話 0172-35-1194

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

市政情報メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る