弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 広聴 > わたしのアイデアポスト > 寄せられたアイデアと回答(産業・観光)
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 広聴 > わたしのアイデアポスト > 寄せられたアイデアと回答(産業・観光)

ここから本文です。

寄せられたアイデアと回答(産業・観光)

寄せられたアイデア一覧

こぎんざしについて…(5月回答)
ヒロロのキャラクターを作ってはどうか…(12月回答)
末広の総合学習センターへバイキング制飲食店を作ってほしい…(12月回答)
弘前城さくらまつりの昔のポスターを絵はがきや切手等にして販売してはどうか…(1月回答)
りんご園地での農作業受託事業者について…(2月回答)
弘前ケーブルテレビは早期の開局を…(2月回答) 
イメージキャラクターを桜をイメージしたキャラクターに変えた方がいいと思う…(4月回答)

アイデアと市の回答

こぎんざしについて

たか丸くんの活動で知名度を上げるためにラミネートした名札を付けていました。今後もイベントに出ると考え、こぎんの巨大ブローチを2点、3月に制作しました。

当時、市役所のたか丸くんの担当であった観光政策課の方に、このブローチを使ってもらえないかと問い合わせました。「たか丸くんのイメージがあるので、こぎんブローチを付けても良いか即答はできない」とのことでしたが、是非使っていただきたいと思い、このブローチを2個預けました。

しかし、たか丸くんお出かけ日記などでも使われた形跡が無く、寄贈したので使い方にはとやかく言いたくありませんが、すごく残念に思いました。

ちょうど同じ頃、市としても弘前の工芸品を広めるため、こぎんを封筒や受付番号などに使っているそうなので、こぎんブローチも使ってほしいと思います。

もし、私が以前お渡ししたブローチを、たか丸くんに使わずに他の所で使われていたら、お知らせ下さい。なお、紛失してしまったものの、使って頂けるなら、また作りますのでご連絡ください。

【男性】

回答

日頃からたか丸くんの応援に対して感謝申し上げます。

こぎんブローチにつきましては、過去に雪燈籠まつりなどのイベントにおいて、何度か装着しておりました。お出かけ日記については掲載できるイベントも限定されており、結果的にこぎんブローチを装備している写真は掲載しておりませんでしたが、ツイッターやフェイスブックでは紹介しております。

また、ブローチにつきましては、紛失はなく、現在でもこちらで保有しております。近年、弘前市内におけるたか丸くんの出演については、ほとんどがイベント主催者への貸し出しとなっており、その際は、こぎんブローチも破損や汚損の恐れがあるため、差し控えていたことから、装着する機会も少なくなっておりました。

今後は当課が直接たか丸くんを出演させる際には、イベントの内容に合わせながら、名札止めとしてや、新たにラペルピンのような活用も含めて検討してまいりたいと思っております。

これからもたか丸くんへ応援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

【観光政策課】(平成29年5月18日回答)

ヒロロのキャラクターを作ってはどうか

ヒロロですが、弘前の中心としてアピールも込めて、たか丸くんではないけど、「ヒロロン」とか、ご当地キャラクターはどうかと思いました。りんご娘の格好をして、かすりの着物を着て、弘前城の絵柄のエプロンをして。

たか丸くんが居るから、むずかしいかな・・・とも思いますが、いかがでしょう?

【50代女性】

回答

ご提案いただきましてありがとうございます。ヒロロは民間事業者が管理・運営を行っている複合商業施設ですので、ご提案内容につきましては民間事業者側に情報提供いたします。

【商工政策課】(平成29年12月5日回答)

末広の総合学習センターへバイキング制飲食店を作ってほしい

末広の総合学習センターへのバイキング制飲食店の早期の出店を。

【30代男性】

回答

弘前市総合学習センターは、弘前市の生涯学習の拠点となる施設として建設されたもので、飲食店の出店まではスペースもなく計画しておりません。

なお、水分補給のために1階に自動販売機2台と冷水機1台を設置しておりますので、エントランスホール、ラウンジ等での飲食の際にご利用ください。館内は一部アルコール類などを含んだ飲食ができない会場がありますが、基本的には全会場で飲食は可能となっておりますので、必要に応じて飲食物を持参していただきますようお願いします。         

【生涯学習課】(平成29年12月14日回答)

弘前城さくらまつりの昔のポスターを絵はがきや切手等にして販売してはどうか

以前、市役所入口にて弘前城さくらまつりの昔からのポスターが掲示されていましたが、それを絵はがき、切手等にしてセット販売をするとか考えてもらえませんか。懐かしい記念として欲しい人もいると思います。

【50代男性】

回答

当該ポスターの掲示については、弘前観桜会100周年事業実行委員会(事務局:弘前商工会議所)が、平成29年度のさくらまつり期間に合わせ、過去のさくらまつりのポスターを展示する「写真展 懐かしの観桜会・さくらまつり」を開催したものであり、ポスターは弘前市役所で所管しているものとなっております。

ご提案いただいた内容につきましては、著作権や制作費などが関係してまいりますので、販売の可能性ついて、関係者で協議してまいります。

【観光政策課】(平成30年1月15日回答)

りんご園地での農作業受託事業者について

りんご園地での農作業受託事業者を市内の事業者に限定する意義は限られる。高齢化老衰化による委託者については恐らく現に後継者がなく、何れ耕作放棄地化や第三者承継へと向かう可能性が高い。市内業者に限定するより第三者承継をにらんだ新規参入希望者による作業受託を提案したい。収穫収入までの時間差が長い果樹園への先代のない新規参入者の参入は困難だ。受託作業を通じよいキッカケとなり、成園移譲や経営継承(賃貸)による参入手段の提供は双方にとってもよい機会となる。但し長野県の「リース果樹園方式」や「リリーフ果樹園方式」を参考に、中山間地離農放棄地への果樹苗木定植・育成・成木化による新規成園譲渡承継による新規参入者招致等、弘前市独自の新規参入者支援策の構築が期待されます。

【70代男性】

回答

当市でも耕作放棄地は増加傾向にあり、特にりんごの生産現場で増えています。そのため市では、農業委員などの活動により耕作放棄地の発生防止に努めており、すでに耕作放棄地化している農地に対しては、国や当市独自の補助制度で再生を支援しています。更に、病気や怪我などにより農作業が一時的に困難となった際、りんご園地における農作業を受託する市内の農地所有適格法人などに対し奨励金を交付する「農作業受託支援奨励金制度」を実施しています。

なお、本制度により受託者に奨励金を交付する際は、農業委員などの仲介を必要とし、委託者と受託者が同一の農業経営体でないことなども要件としています。

ご提案のありました「市内業者に限定せず第三者承継による新規参集者に対する作業受託を可能にすること」について、受託者を市内としているのは、地域内の経済循環を促すために現在付している要件ですが、やむを得ないときには交付対象とできるよう、検討いたします。

また、新規参入者の成園での営農開始については、現経営者の引退時期を早期に把握することにより、成園状態での経営移転が可能と考えていますが、今後の状況によっては検討していく必要があると考えています。

【農業政策課】(平成30年2月8日回答)

弘前ケーブルテレビは早期の開局を

弘前ケーブルテレビは早期の開局を。

【40代男性】

回答

ご提案についてですが、現在、市がケーブルテレビ局を設置する予定はなく、民間事業者によるケーブルテレビ局の新設に関する動きも見られないようですので、恐れ入りますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

【商工政策課】(平成30年2月13日回答)

イメージキャラクターを桜をイメージしたキャラクターに変えた方がいいと思う

イメージキャラクターが暗いのでもっと明るい桜をイメージしたキャラクターに変えた方がいいと思います。弘前市の町全体が城と桜が中心であるようなイメージで。

女性が好むピンク色主体のキャラクターづくり。マスコット人形が欲しい気持ちになるようなもの。

【50代男性】

回答

この度は貴重なご意見いただきありがとうございます。

弘前市のマスコットキャラクターである「たか丸くん」は、弘前城築城400年祭のマスコットキャラクターとして、676点の応募の中から選ばれたキャラクターで、弘前公園周辺に生息していたといわれる「鷹」をモデルにしたキャラクターとなっており、平成23年12月23日の弘前城築城400年祭のエンディングセレモニー時に弘前市のマスコットキャラクターとなりました。

ご提案いただいた「城と桜が中心であるようなイメージで女性が好むピンク色主体のキャラクターづくり」ですが、今年の弘前観桜会100周年バージョンのたか丸くんは、まさにご提案いただいたようなサクラをイメージしたピンク色の明るいキャラクターとなっております。

弘前観桜会100周年を盛り上げるため、たか丸くんは弘前観桜会100周年バージョンで各種イベントに出演しておりますので、機会がございましたら弘前にぜひお越しいただければと思います。ちなみに、弘前城の石垣修理を記念したバージョンもあります。

今後ともたか丸くん及び当市の観光行政について応援のほどよろしくお願いいたします。

【観光政策課】(平成30年4月19日回答)

 

 

問い合わせ先

担当 広聴広報課 広聴広報担当

電話 0172-35-1194

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

市政情報メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る