弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 広聴 > わたしのアイデアポスト > 寄せられたアイデアと回答(都市基盤)
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 広聴 > わたしのアイデアポスト > 寄せられたアイデアと回答(都市基盤)

ここから本文です。

寄せられたアイデアと回答(都市基盤)

寄せられたアイデア一覧

バスについて(バス停設置、高速バス路線開設)…(6月回答)
町名の由来の柱や看板に番号を振り、観光パンフの地図にも連動させるのはどうか…(7月回答)
中央公民館岩木館について…(7月回答)
弘前公園の各門の門札が劣化して見にくい…(7月回答)
バス代のカード決済について…(7月回答)
駅前地下駐輪場について…(7月回答)
ヒロロの駐車料金について…(7月回答)
こどもの森ビジターセンターのトイレについて…(7月回答)
屋内プールについて…(8月回答)
カルチュアロードについて…(8月回答)
LEDによる環境破壊を食い止めるため、直ちにLEDを撤去してほしい…(8月回答)
弘前市のゴミ問題について…(8月回答)
屋根を図書館入り口の方まで少し足していただきたい…(8月回答)
茂森新町の斎場のトイレについて…(9月回答)
土手町などの一方通行を解除してほしい…(9月回答)
FNN系列局について…(9月回答)
墓地公園について…(9月回答)
藤田記念庭園と墓地公園の禁煙について…(9月回答)
パンフレット設置について…(9月回答)
保健センターについて…(9月回答)
事業系ごみの夜間収集について…(10月回答)

 

アイデアと市の回答

バスについて(バス停設置、高速バス路線開設)

①自由ヶ丘や大久保などへのバス停の設置をお願いしたい。

②弘前~日光、草津、山形、能代、十和田、十和田、鹿角、さいたま間の高速バス路線の開設を早期に実現するようお願いしたい。

【30代男性】

回答

バス停設置、また高速バス路線へのご提案ありがとうございます

ご指摘の自由ヶ丘、大久保などへのバス停設置については、弘南バスへ要望があったことをお伝えします。

現在弘前市では、今後の人口減少や超高齢化社会など社会環境の変化に対応し、まちづくりと連動した持続可能な公共交通とするため、鉄道や路線バス、乗合タクシー等とともに公共交通網の再構築を作っております。

「わかりやすく、効率よく拠点間を連結するネットワークの再編」をするため、バス停の設置を含む既存路線の見直し、新たな路線の設定など市民や関係者、交通事業者などの調整や合意を経て順次実施してまいります。

また、高速バスの開設については、高速バスを営業している弘南バス株式会社が判断することになることから、要望があったことをお伝えしますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

【都市政策課】(平成29年6月30日回答)

町名の由来の柱や看板に番号を振り、観光パンフの地図にも連動させるのはどうか

近年、青森市に大型客船が寄港するようになり、海外の方々も弘前に観光で訪れる事が増えると思います。そこで思うのですが、知っての通り弘前市はもともと城下町という事もあり、道路が整然としていません。

先日、女性の外国人観光客に新寺町で声をかけられました。彼女は観光ガイドの冊子の地図を広げながら、「禅林街の長勝寺に行きたい」という様なことを言っているのはわかりました。しかし、理解できてもなかなか思うように道順を説明できません。最終的には何とかなったものの、やはり弘前在住者でないといろいろと難しいなと感じました。

そこで提案ですが、町のあちこちに立っている町名の由来の柱や看板に番号を振り、尚且つ駅や観光館に置いている冊子の地図にも連動させて番号を載せたらどうでしょうか?

海外の人だけでなく、県外の人でも見て「自分がどこにいるのか?」が分かるので、不安感がかなり軽減されると思うのですが。

ご検討の程お願いします。

【40代男性】

回答

この度は貴重なご意見ありがとうございます。

当市を訪れる観光客の皆様の観光場所への道案内についてですが、市では、8月1日開幕のねぷたまつりに合わせ、地図つきの「ひろさきガイドマップ」にカラーバーコードというシステムを実験的に導入する予定です。

カラーバーコードとは多言語で市のガイドマップを見ることができ、かつ目的地までのナビゲーション機能を備えたシステムです。利用状況を見ながら、海外からのお客様の対応を検討してまいりたいと考えております。

ご意見のありました古町名標柱等の利用については、江戸時代の城下町の雰囲気を考慮した仕様としていることから、その形状は維持しつつ、観光案内への活用策を検討したいと考えます。

【観光政策課・文化財課】(平成29年7月26日回答)

中央公民館岩木館について

中央公民館岩木館の1階と2階のトイレについて要望が2点あります。

1点目:段差について

岩木健診の手伝いをしていたとき、5人に1人程度、かなりの頻度でつまづいておりました。段差についての注意書きが張り出されておりましたが、目に入っていないようでした。ホームセンターで売っているような、鉄製のスロープとコーナースロープを活用し、スロープは黄色など、目立つ色にすると良いと思います。ご高齢の方ですと骨折などの大怪我のリスクもあります。

2点目:男女の表示サインの位置が高く見えにくい

表示サインの位置が高く、また、のれんで隠れているため、ご高齢の方には見えにくいようでした。目に入りやすい位置と大きさに変更をお願いします。

以上、ご検討をお願いいたします。

【30代男性】

回答

ご提案をいただきありがとうございました。

1点目の段差については、段差解消スロープを設置し、蛍光テープ等で目立つよう対処致します。

2点目の表示サインについても、わかりやすい表示位置に調整致します

【生涯学習課】(平成29年7月12日回答)

弘前公園の各門の門札が劣化して見にくい

弘前公園の日本一の桜が今や世界の絶景に選ばれているようですが、その公園に関することについて提言したいと思います。

公園の各門は、撮影スポットだったり、待ち合わせ場所だったり、位置確認の場所だったりします。しかし、各門の顔である門札は、追手門にしても東門、北門にしても、劣化などにより判読できない状態にあります。追手門に関しては、門の右側にある説明板に書かれている内容も判りづらいです。真新しい物にしなくても、判読できるようにして頂きたいと思います。

【60代男性】

回答

ご提案のありました弘前公園の門について回答します。

各門にある門札についてですが、ご指摘のとおり判読が難しくなっておりますので、更新してまいります。

また、門の右側の説明板は、傘立てがめを説明しているものですが、こちらも判読が難しくなっておりますので更新してまいります。

【公園緑地課】(平成29年7月26日回答)

バス代のカード決済について

バス代のカード決済は早期のスタートを。

【30代男性】

回答

ご提案いただいた案件に関しては、弘南バスと連携し、前向きに検討して参ります。

【都市政策課】(平成29年7月28日回答)

駅前地下駐輪場について

駅前地下駐輪場のトイレを洋式とし、タオルペーパーの設置を。

【30代男性】

回答

ご提案いただいた要望については、指定管理者に情報を提供の上、協議してまいります。

【都市政策課】(平成29年7月28日回答)

ヒロロについて

ヒロロの駐車料金は100円へ値下げを。

【30代男性】

回答

ヒロロスクエアを運営する市と、ヒロロを運営している株式会社マイタウンひろさきとの間で、駐車場に関する協定を締結し、ヒロロスクエアご利用の場合やヒロロ各テナントのご利用の場合に、駐車券の認証を受けることにより、3時間までは無料とする措置を講じております。ご提案についてですが、駐車最大料金を100円にした場合、限りある駐車スペースへの長時間駐車を招くことになり、誰もがいつでも気軽に立ち寄れる複合商業施設であるヒロロにとっては、より多くの方々に利用してもらうという目的の妨げになってしまうことから、現状のままとすることをご了解いただきますようお願いします。

【財産管理課】(平成29年7月28日回答)

こどもの森ビジターセンターのトイレについて

こどもの森ビジターセンターのトイレを洋式とし、タオルペーパーの設置を。

【30代男性】

回答

タオルペーパーの設置予定はありませんが、トイレの洋式化については老朽化の状況を踏まえながら更新時に改修を検討します。

【公園緑地課】(平成29年7月28日回答)

屋内プールについて

屋内プールをりんご園へ建設を。

【30代男性】

回答

現在、当市において屋内プールを建設する予定はありません。

【文化スポーツ振興課】(平成29年8月3日回答)

カルチュアロードについて

NTT東日本もカルチュアロードへのご参加を。

【30代男性】

回答

行事の実施主体は、カルチュアロード実行委員会ですので、市が参加に関する判断等をするものではございませんが、ご提案いただいた内容をカルチュアロード実行委員会にお伝えいたします。

【商工政策課】(平成29年8月3日回答)

LEDによる環境破壊を食い止めるため、直ちにLEDを撤去してほしい。

知人から教えられた「LEDの影響」というサイトで、東京都庁周辺の写真を見ました。LED化のとても進行した、東京はかなりひどい状態になっています。ご存知だと思いますが、LEDの光は植物や虫に影響があるだけでなく、LED光を照射された水は変質して、LED化した雨は建造物の破壊、劣化を促進させるようです。実際に私も住んでいる町で、傾きかけた電柱や錆びた歩道橋、ガードレール、鉄柵、店舗などを多く見るようになりました。

今は原因究明をするよりも早く、LED化をSTOPさせたほうがいいのではないかと思い、メールを差し上げたしだいです。

下記はそのサイトの抜粋です。

(抜粋)

一度大きく崩れ始めたら、二度と元には戻れなくなるその時を回避するためには、まだそれが少しの間に、そうにはならない選択(原因)を実践する。地球を、生命たちが住めなくなる場所にするのであれば、LED化を続ける。地球を、ずっと生命たちが生き続けられる場所にしたければ、LED照明を外す。誰のためでも、何のためでもなく、地球のための原因を生きるのが、地球に生きる人間の仕事。この2017年後半の生き方は、この地球の未来に、最も影響を及ぼすものになる。電柱が倒れ、山が崩れ、道路や宅地が陥没してからでは、遅い。→「LED の影響(5) (6) +1」

LEDの影響(6)http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/melink6.htm

それぞれが今、自分のいる立場で、できることをたんたんとしていけば、状況は必ず改善していきます。自分の縁ある風景でLEDをはずしていくことが大切です。よろしくお願いします。

【男性】

回答

ご指摘のLEDの影響とは、電磁波やブルーライトによるものと理解しますが、それ以外にも蛍光灯や電子レンジ、携帯電話などあらゆる家電製品から電磁波が発生していること、また液晶テレビをはじめとするブルーライトの影響について様々な意見があることは承知しております。

しかし、現代社会においてこれらを排除することは困難であり、世界規模で取り組んでいるCO2排出量削減のためにはむしろLEDの使用は推奨されるべきものであると考えられます。今回寄せられたご意見についても、現段階では動物等での実験による影響であり、人体やインフラ設備に対しての影響については明確な科学的根拠が確認されておりません。

そのため、現時点ではリスクよりもLED等を利用することによる効果やメリットが上回っていると考えられることから、LEDを撤去することか考えておりません。市といたしましては、今後の情勢を注視しつつ、適時適切な対応を行ってまいりたいと考えております。

【環境管理課】(平成29年8月17日回答)

弘前市のゴミ問題について

弘前市は他の市町村と違って、プラスチックゴミも可燃ごみとして回収しているので、自然とゴミの重量が増えていると思います。プラスチックごみを差し引いても多い方なのでしょうか?

また、大学病院に入院していて思ったのが、病棟のゴミ分別が的確でないということです。「紙」のマークが付いている牛乳パックや、豆乳やジュースの入った銀紙付きの雑紙に、洗って分別しようとしても、回収の作業される方が「燃やせるゴミ」に分別してしまいます。また、食事のトレイにそのまま載せて返される紙パックは大量にあると思うのですが、それらが洗って干されて資源ごみとして分別されているかどうかも、人手を考えると怪しいと思います。

また、コンビニ弁当を食べていて思うのですが、割り箸を入れている袋も「紙」マーク付きですが、意識されることなく、「燃やせるゴミ」として消えていっていることがほとんどだと思います。使用後の割り箸を分別するコンビニは少ないですし、ましてや箸袋までは分別してないのではないでしょうか?

市としてゴミの減量化を図るにしても、病院などの企業や、小・中学校、高校、大学、コンビニ業界などを巻き込んだ、大掛かりな作戦でもたてないと、根本的な大規模改善に繋がらないのではないでしょうか?

【40代女性】

回答

国が公表している最新の数値である、平成27年度の1人1日当たりのごみ排出量は、弘前市が1,222g、県平均が1,026g、全国平均が939gとなっており、当市のごみ排出量は県及び全国と比較して高い状況となっております。

また、この数値については、「容器包装」や「古紙類」、「その他のプラスチック」などの資源物についても含んだ値となっていることから、資源物を分別して収集場所に排出したとしても、ごみの排出量にはカウントされることになります。そのため、分別そのものは、直接、ごみの排出量には影響しない統計となっております。

ただし、分別することにより、資源物を排出量で割ったリサイクル率については、増加することになります。

このように、短期的に見ると、分別はごみの排出量に直接影響するものではありませんが、分別を行うことにより燃やせるごみの中に残されたごみが目立つようになります(「ごみの見える化」)。

その結果、残されたごみの種類・量を把握しやすくなり、自分自身の減量化・資源化への課題がわかりやすくなることで、長期的にはごみの減量化につながるものと考えています。

具体的には、これまでダンボールや紙袋などで包んでいたため、目立たなかった食品ロス※などが目立つことにより、普段の買い物において食品ロスを減らすような意識づけが進み、ごみの排出抑制が促されることなどが挙げられます。

 

※食品ロス・・・食べられる状態であるにも関わらず廃棄される食品のこと。例えば、消費期限・賞味期限が近づき、捨てられるものなど

 

また、県内3市で比較をすると、平成26年度のごみ排出状況は、以下のとおりです。

 

○県内3市のごみ排出量の分別区分ごと内訳(単位:g)

  可燃ごみ 不燃ごみ 資源物 その他 大型ごみ 集団回収
青森市 561 60 63 0 4 49

736

八戸市 512 38 101 1 4 7 662
弘前市 610 26 71 0 29 29 765

※端数の関係により、一部合計が一致しない箇所あり

※「その他のプラスチック」は3市とも可燃ごみに含まれている

※集団回収とは、町会等で独自に資源物を回し、再資源化業者に引き渡す活動のこと

 

青森市では、平成27年度から「その他のプラスチック」の分別収集を開始しており、八戸市、弘前市は「その他のプラスチック」を、「燃やせるごみ(可燃ごみ)」として排出していることから、同一条件での比較をするため、平成26年度の数値を採用しています。

内訳を見ると、弘前市は県内3市の中でも特に、「可燃ごみ」が多く、その中でも「生ごみ」や、「古紙類」などの割合が高くなっています。

また、弘前市は他の2市よりも、資源物や集団回収の回収量が少なく、多くの資源物が可燃ごみに含まれている現状です。

そのため、当市同様の条件をしている他の自治体と比較した場合でも、ごみ排出量が多くなっていることから、「その他プラスチック」を「可燃ごみ」としていることが、ごみ排出量が多くなっている原因ではないと考えています。

次に、「紙」の分別について、弘前市では現在、「雑がみ」、「その他の紙」の分別区分を設定していますが、先述したとおり、「古紙類」などの多くが、「可燃ごみ」に混入している状況であるため、分別方法に関しての周知啓発をこれまで以上に強化して実施していく必要があると考えています。

最後に、「市としてのごみの減量化を図るためには、病院などの企業や、小・中学

校、高校、大学、コンビニ業界などを巻き込んだ、大掛かりな作戦を立てる必要がある」とのご意見でしたが、市としても特に排出が多いとされる、事業系ごみ対策が急務であると考えています。

対策の一環として、市では、平成27年度より、職員が市内の事業所を個別に訪問する事業を行っています。具体的には、事業所の業種などに応じた状況の聞き取りを行いながら、ごみ減量化・資源化に関してのアドバイスを実施するなどするものです。

このような対策の効果もあり、近年の事業系ごみ排出量は、県内において、特に減少している状況ですが、更なる減量化を強力に推し進めるために、これまで以上に取り組みを強化してまいりたいと考えています。

【環境管理課】(平成29年8月18日回答)

屋根を図書館入り口の方まで少し足していただきたい

弘前市観光館出口(図書館側)から図書館入り口まで郷土文学館までは屋根がついているのに、図書館入り口まで何メートルか屋根が足りなくて、本を返しに行く時に(本も私も)濡れてしまいます。どしゃぶりだと大変です。とりあえず屋根のついている郷土館の方へ進み、そこからダッシュします。冬も雪が図書館の方に積もってしまいます。

なぜ?と毎度雨雪が降っていると思います。せっかく立体駐車場に入り、傘がなくてもいける感じなのにいつも残念に思います。

何年も前からそう思っていましたし、実際に他の利用者もそう思っている人が少なくないと思います。

ぜひ屋根を図書館入り口の方まで少し足していただきたいと思います。

【30代女性】

回答

この度は貴重なご意見をいただきありがとうございます。

弘前市立図書館及び弘前市立観光館は、平成2年7月に整備され、建設から25年以上経過した現在に至るまで、市民や観光客をはじめ、多くの方に利用していただいております。

今回のご提案では、図書館入口まで屋根を足していただきたいとのことですが、施設全体(特に観光館側)で、経年劣化による破損箇所・設備の不具合などが目立ってきていることから、現在、施設が持つ役割や必要な機能、それを踏まえた施設のあり方について、関係者により検討している段階でありますので、利用する方のご意見として、その中に含めて考えてまいります。

早急な改善とはならず、今後もご不便をお掛けしてしまいますが、路面が濡れて足元も滑りやすくなっておりますので、お手数でも傘などをご利用いただき、お身体や本を濡らさないよう、安全な通行にご協力をお願い申し上げます。

【観光政策課】(平成29年8月29日回答)

茂森新町の斎場のトイレについて

茂森新町の斎場のすべてのトイレを洋式としてほしい。

【30代男性】

回答

現在、斎場内のトイレ設置状況は、正面玄関を入った左側の一般待合室は

男子トイレ…小便器2個、和式便器1個

女子トイレ…和式便器2個

多目的トイレ…(車いす対応)洋式1個

建物内、奥の待合室待合ホールでは

男子トイレ…小便器3個、和式便器1個、洋式(車いす対応)1個

女子トイレ…洋式2個、和式便器1個

以上になっております。

なお多目的トイレは、平成25年に設置しております。

また、待合ホールは、平成28年に和式から洋式に改修しました。その際、和式トイレも残してほしいと市民からの要望もあり、残しております。

一般待合室のトイレの和式から洋式への改修については、今後の状況を見ながら検討してまいりたいと考えております。

【環境管理課】(平成29年9月5日回答)

土手町などの一方通行を解除してほしい

土手町などの一方通行を解除してほしい。

【男性】

回答

中土手町から下土手町の一方通行について、弘前警察署交通第二課に確認したところ、現在の道路幅員では、右折レーンの確保が難しく、相互交通にした場合、交通渋滞の発生が懸念されることから交通規制を実施しているとのことです。

交通規制の解除には、地元住民や商店街振興組合、市、道路管理者、弘前警察署との協議が必要になり、市としては、地元住民及び商店街振興組合の合意が得られた段階で、弘前警察署をはじめ関係機関へ働きかけたく存じますので、現状の交通規制についてご理解をお願いします。

【都市政策課】(平成29年9月5日回答)

FNN系列局について

FNN系列局は、早期に開局してほしい。なお、視聴率の低下に歯止めのかからないワイドショー番組は、早期の打ち切りしてほしい。

【30代男性】

回答

「FNN系列局は、早期に開局を。」については、以前より、青森県内にフジテレビ系列の民放テレビ局が開設されることを、多くの青森県民・弘前市民が願っています。

しかし、青森県において、多額の投資を必要とするテレビ局の新設を目指す動きは、現在のところ見られません。

市といたしましても、県内に第4番目の民放テレビ局が開局されることを期待していますが、その実現は非常に厳しい状況にあります。また、「視聴率の低下に歯止めのかからないワイドショー番組は、早期の打ち切りを。」について

は、市には番組編成についての権限はございませんので関与できないことをご理解いただくようお願いいたします。

【情報システム課】(平成29年9月5日回答)

墓地公園について

小沢の墓地公園の開園時間を6:30から19:00までとし、売店やバイキング式レストランの出店してほしい。また、ゴミ箱や時計の設置をしてほしい。

【30代男性】

回答

墓地公園の開園時間につきましては、お盆時期を除いて午前8時30分から午後5時までとしているものでありますが、開園時間の延長については、今後検討してまいりたいと考えております。

また、売店やレストランの出店につきましては、スペースの問題もありますが、来園者の多くは、お盆及び彼岸中に限られており、冬期間は、閉園となることから、出店につきましては、経営上難しいものと考えます。

ゴミ箱の設置につきましては、公園は一般市民の憩いの場所であることから、来園する皆様に綺麗に利用していただくため、ゴミは持ち帰っていただくこととしておりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

時計につきましては、管理棟の改築の予定もございますので、その際に設置したいと考えております。

【環境管理課】(平成29年9月5日回答)

藤田記念庭園・墓地公園の禁煙について

藤田記念庭園や墓地公園などの園内外を問わず禁煙としてほしい。

【30代男性】

回答

●藤田記念庭園

多くの人が訪れる藤田記念庭園は、建物内は禁煙としているほか、園内での受動喫煙防止のため、高台部及び低地部の入場口付近にそれぞれ1ヶ所ずつ灰皿を設置することで分煙を図っております。

市としては喫煙マナーの周知を図るとともに、利用する方にも喫煙マナーを守っていただくことで、喫煙者及び非喫煙者が藤田記念庭園を快適にご利用いただけますよう、今後も管理運営に努めてまいります。

【公園緑地課】(平成29年9月5日回答)

 

●墓地公園

都市公園は、「都市公園法」、「弘前市都市公園条例」等の法律や条例に基づいて管理しておりますが、これらの法規では、現在のところ都市公園内での喫煙を規制していません。

都市公園は、多くの方にご利用いただく施設ですので、喫煙をするということで特定の方を利用させないという規制はできませんが、いわゆる受動喫煙を防止するために、愛煙家の方もそうでない方も快適にご利用いただけますよう、喫煙マナーの周知を図るとともに今後も管理・運営に努力してまいります。

【環境管理課】(平成29年9月5日回答)

 

パンフレット設置について

ヒロロや市役所などへNTT東日本のパンフレット設置をしてほしい。

【30代男性】

回答

ヒロロや市役所などへのパンフレットの設置につきまして、当課の対応として市の事業に関するもの、公的機関から依頼があったもの等に限定しております。

「NTT東日本のパンフレット」は一企業の宣伝につながり、設置は適当でないと考えますのでご理解くださるようお願いいたします。

【市民課】(平成29年9月5日回答)

保健センターについて

保健センターへの売店やバイキング制の飲食店などの早期の出店してほしい。

【30代男性】

回答

弘前市保健センターでは、水分補給のために1階ロビーに自動販売機を2台設置しており、またロビーでの飲食は可能となっております。

売店、バイキング制の飲食店などの出店につきましては、出店スペースがないことから、現在のところ考えておりません。

【健康づくり推進課】(平成29年9月21日回答)

事業系ごみの夜間収集について

事業系ごみの夜間収集は早期のスタートを。

【30代男性】

回答

事業系ごみは、法のもと事業者自らが収集・運搬などの適正な処分を行わなければならないものであり、弘前市として収集するものではありません。

また、産業廃棄物ではない事業系一般廃棄物については、弘前市、平川市、大鰐町、藤崎町、板柳町、西目屋村からの一般廃棄物を受け入れている焼却施設へ搬入しております。搬入できる時間帯は、午前8時30分から午後4時30分としております。

弘前市では、事業系ごみの適正排出は当然のこと、減量化・資源化に向け、事業系一般廃棄物の展開検査や排出事業者の個別訪問など、様々な施策を実施しております。

【環境管理課】(平成29年10月17日回答)

 

 

 

問い合わせ先

担当 広聴広報課 広聴広報担当

電話 0172-35-1194

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市政情報メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る

';