弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 移住 > 連続移住小説 ヒロとサキ [movie]
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 移住 > 連続移住小説 ヒロとサキ [movie]

ここから本文です。

連続移住小説 ヒロとサキ [movie]

ヒロとサキ

『ヒロ』

美術大学を卒業後、東京で美術学校の講師などをしながら、彫刻の個展を開いたり、賞に出品したり、現代美術のアーティストとして作品を発表してきたが、気が付くと30代半ば。先が見えない毎日を送っていた。

 

『サキ』

大学進学で東京へ。栄養学を学び、食品メーカーに就職。4年前、料理好きが高じてパン職人に。もうすぐ30歳。空気も水もおいしいところで、パンを作りたい。そんな夢をかなえるため、故郷の弘前市に移住。

第1話 下北沢のヒロ

東京・下北沢で3年半、一緒に暮らしてきた。サキはヒロにとって唯一無二の理解者だったことを、別れて初めて実感する。行きつけのブックカフェで読む、弘前のサキから来た手紙。「弘前で待っています」の言葉が目に飛び込んできた。(♪トクマルシューゴ "Laminate")

第2・3話 アップルパイな午後・代官町で待ち合わせ

【第2話】

弘前で2人が住んだのは、岩木山がドーンと見える一軒家。長く空き家だった親戚の家だ。「借りてくれるだけでもありがたい」と家賃はかなりの格安。平屋だが、広々している。ヒロはアトリエで作品づくりに没頭。サキは台所でアップルパイを焼く午後のひととき…。

 

【第3話】

2人の弘前暮らしが始まって1年。自然もあるけど、街にはこだわりの雑貨店やカフェ、バーなどがあり、個性豊かなUターンやIターンのオーナーも多い。人との距離がぐっと近づいた。おいしいお酒と地元野菜を買って、夕飯のメニューを考えながら歩く散歩道が楽しい。

 

こちらからご覧ください。このリンクは別ウィンドウで開きます

 

問い合わせ先

担当 ひろさき未来戦略研究センター 人口減少対策担当

電話 0172-40-7121

アンケートフォーム

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

くらしのメニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る