弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 救急・消防・防災 > 非常時に対する備え
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 救急・消防・防災 > 非常時に対する備え

ここから本文です。

非常時に対する備え

 

非常時に対する備え

 避難生活が長期にわたる場合は、非常持出品の準備だけでは不足する場合があります。救援物資などが本格的に支給されるまでには、災害の発生から3日程度かかります。ふだんから最低3日分の食料や生活必需品を備蓄しておきましょう。
 

水は一人1日3リットル

• 飲み水や煮炊きなどの生命を維持するのに必要最低の量だといわれています。

  家族数やその状態(赤ちゃんや病人)に合わせて多めに用意しておく。
• ときどき取り換えて保存を。使うときは煮沸し、生水は飲まないようにする。

 

食料

• まず、米の備蓄を考えましょう。
• 缶詰やびんづめのおかずも用意しておく。

 

燃料

• 火がないと用意した食料も役に立たないことがあります。

  卓上カセットコンロ、固形燃料などの利用を。

 

証明・暖房

• 懐中電灯を1人に1つ所定の場所に用意しておく。
• ろうそくは危険が多いのでなるべく使わない(特に子どもや高齢者)。
• 暖房器具や炊飯器などは電気製品でないものも用意しておく。
• ラジオ用の予備電池も。

 

ケガをしないための日頃の備え

• 家具類の転倒防止や移動防止をしておく。
• 高い所に重いもの、角のとがったものを置かない。
• スリッパなどを手近に用意しておく。
• ガラスが飛散しないようにカーテンをつける。

 

家族で防災会議

 防災活動の最小単位は家族です。阪神・淡路大震災のような大きな地震が発生した場合には,時間帯によっては,市がすぐに対応できないことも考えられます。ふだんから、家族で防災会議を開いて、災害のときの各自の役割分担や避難場所(市指定の避難場所については、「ひろさき施設マップ」の裏を参照)を確認しておくなど、災害時の対策について話し合うようにしましょう。
 避難場所は「災害避難場所」のページでご確認いただけます。
 

 


問い合わせ先

担当 防災安全課

電話 0172-40-7107

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

くらしのメニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る