弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 地域公共交通 > 令和3年度 弘前市タクシー及び運転代行事業者事業継続支援金のご案内
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 地域公共交通 > 令和3年度 弘前市タクシー及び運転代行事業者事業継続支援金のご案内

ここから本文です。

令和3年度 弘前市タクシー及び運転代行事業者事業継続支援金のご案内

1.概要

市では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による大きな影響を受けているタクシー及び

運転代行事業者に対し、事業の継続を支援するための支援金を交付します。

 

2.対象となる事業者

市内に主たる事業所または事務所があり営業している次の事業者

①タクシー事業者

 (道路運送法に基づく一般乗用旅客自動車運送事業者の許可を受けていること。)

②自動車運転代行事業者

 (自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律に基づく公安委員会の認定を受けていること。)

 

3.交付要件

①令和3年4月から9月までのいずれかで、連続する2か月の合計事業収入が令和元年または

   令和2年の同期間と比較して30%以上減少していること。

②今後も営業する意思があること。

③令和元年度に納付すべき市税等に滞納がないこと。

④申請者(法人の場合、代表者及び役員)が暴力団員等に該当しないこと。

 

4.支援金の額

1事業者あたり、申請時点で所有する車両台数に、次の区分に応じた額を乗じた額

①タクシー事業者  車両1台につき75,000円

  (車両の要件:国土交通省東北運輸局に登録し所有する事業用自動車)

②自動車運転代行事業者  車両1台につき50,000円

  (車両の要件:青森県公安委員会に届出し所有する随伴用自動車)

 

5.申請方法

「令和3年度弘前市タクシー及び自動車運転代行事業者事業継続支援金交付申請書兼

請求書 」へ必要事項を記入し、添付書類を添えて弘前市地域交通課へ提出してください。

 

※新型コロナウイルス感染拡大予防のため、可能な限り郵送での提出をお願いいたします。

 

≪添付書類≫

・事業の許可または認定を受けていることを証する書類の写し

  (例:営業許可証や業務認定証の写し)

・売上が30%以上減少したことを示す書類

  (例:令和3年4月から9月までの売上台帳と令和元年分または令和2年分の

    確定申告書別表一(控)等の写し)

・所有する自動車台数を証明する書類

  (例:タクシー事業者…車両数一覧証明書、運転代行事業者…社名表示灯(行燈)と

    車のナンバーが写っている写真と車検証の写し)

・振込先口座の情報がわかるものの写し(通帳の写しなど)

 

※申請者と口座名義が異なる場合、別途委任状等を提出いただく場合があります。

 

【弘前市以外の市町村に納税している場合】

納税先の市町村が発行する下記に係る「令和元年度分の納税証明書」

①法人    法人市民税、固定資産税、都市計画税、軽自動車税

②個人事業主 市県民税、固定資産税、都市計画税、軽自動車税、国民健康保険料

上記のほか、交付要件を確認するために必要な書類の提出を求めることがあります。

 

6.申請受付期間

令和4年1月31日(月)17時まで

 

7.関連ファイル

交付要綱PDFファイル(152KB)

チラシPDFファイル(270KB)

申請書兼請求書【様式】ワードファイル(32KB)

申請書兼請求書【記入例】PDFファイル(412KB)

添付書類確認表PDFファイル(240KB)

 

8.申請・問い合わせ先

弘前市 都市整備部 地域交通課

電話 0172-35-1124(直通)

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

くらしのメニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る