弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 税金 > 市民税県民税の申告
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 税金 > 市民税県民税の申告

ここから本文です。

市民税県民税の申告

市民税県民税の申告とは、毎年1月1日現在で住所のある市町村に、前年中の所得状況を申告することです。市民税県民税の申告書は、税額を計算するための基礎資料となるほか、国民健康保険をはじめとする各種福祉関係の料金算定、軽減、支給や、所得課税証明書発行のための大事な資料にもなります。

申告が必要なかたは、『市民税県民税申告のお知らせ』をよく確認して、必ず申告期間中に申告するようお願いします。

 

【所得税の確定申告について】

所得税の確定申告は、平成31年2月18日(月曜日)から平成31年3月15日(金曜日)の午前9時から午後4時まで、税務署職員が市立観光館にて申告相談を受付しています。(土・日を除きます。)

※申告期間中は市でも所得税の確定申告を受け付けしていますが、所得税の確定申告のうち、初めて住宅借入金等特別控除を受ける申告、青色申告、雑損控除の申告、準確定申告(死亡した人の確定申告)、平成29年分以前の確定申告、株式等の譲渡所得の申告は、市では申告相談を受付しておりませんので、市立観光館での申告をお願いします。

※申告期間外は弘前税務署での受け付けとなります。

 

申告書様式(平成31年度版)

『平成31年度市民税県民税申告書』、『平成31年度市民税県民税申告のお知らせ』などの様式は、次のページからダウンロードできます。今年度の申告の締め切りは、平成31年3月15日(金曜日)です。

 

「市民税県民税の申告書(所得の申告)」のページ

 

申告が必要な人

毎年1月1日現在、住所のある市町村には原則、市民税県民税の申告が必要です。
ただし、次の例に当てはまるかたなどは、市民税県民税の申告は必要ありません。

詳しくは『平成31年度市民税県民税申告のお知らせ』の1~3ページを参照してください。

※申告が必要か不明な場合はお問い合わせください。

 

1. 税務署に所得税の確定申告書を提出する場合
2. 収入が給与収入のみのかたで、勤務先から弘前市に給与支払報告書が提出されていて、所得控除の追加などをしない場合
3. 収入が公的年金等のみのかたで、所得控除の追加などをしない場合

 

 

受付窓口

申告期間中(平成31年1月25日~3月15日)

【注意】受付会場によって受付時間が異なります。よくお確かめのうえ、お越しください。

地区名 受付期間 受付会場 受付時間
全地区

2月6日(水曜日)~2月15日(金曜日)

※対象者限定の「期間前申告」となります。

市役所前川新館

3階申告会場

午前8時半

~午後4時

本庁地区 2月18日(月曜日)~3月15日(金曜日)

相馬総合

支所地区

2月12日(火曜日)~2月15日(金曜日)

相馬総合支所

1階多目的室

午前9時

~午後4時

岩木総合

支所地区

2月20日(水曜日)~3月13日(水曜日)

岩木総合支所

1階多目的室

裾野地区 1月25日(金曜日)

裾野地区体育

文化交流センター

午前9時半

~午後4時

船沢地区 1月28日(月曜日)・1月29日(火曜日) 船沢公民館

新和地区

1月29日(火曜日)・1月30日(水曜日)

新和地区体育

文化交流センター

城東地区

1月30日(水曜日)・1月31日(木曜日)

総合学習センター
高杉地区 1月31日(木曜日)・2月1日(金曜日)

北辰学習高杉

ふれあいセンター

石川地区 2月4日(月曜日)・2月5日(火曜日) 石川公民館
東目屋地区 2月5日(火曜日)

東目屋公民館

※受付期間については、土・日曜日、祝日を除きます。

※申告期間を過ぎますと、各種保険料の軽減などが遅れる場合があります。期間中の手続きをお願いします。

 

申告期間外

市役所市民防災館2階 市民税課(窓口C-225)

午前8時30分から午後5時まで

※申告期間外にお越しのかたは、ご自分で申告書を作成していただく場合があります。

 

 

申告書作成に必要なもの

市民税県民税の申告書作成には、次のものが必要です。

  • 印鑑(認印可)
  • 所得の計算に必要な書類(源泉徴収票、自営業等における領収書等、生命保険の一時金払いの通知書、原稿料の法定調書など)
  • 所得控除の計算に必要な書類(保険料控除証明書、医療費の領収書、障がい者手帳など)
  • 個人番号(マイナンバー)

 

※平成29年度市民税県民税の申告からマイナンバーが必要です。詳しくは『市民税県民税申告のお知らせ』をご確認ください。

※前年中、無収入や非課税収入のみのかたでも、印鑑が必要です。非課税収入とは、遺族年金、障害年金、失業保険、家族からの仕送り金などの収入です。

※所得と所得控除の計算に必要な書類は一例です。詳しくは『市民税県民税申告のお知らせ』の6ページを参照してください。

 

 

自書申告と郵送申告について

受付窓口の混雑緩和と待ち時間の短縮のために「自書申告」または「郵送申告」のご協力をお願いしています。

 

自書申告

申告書の作成、所得や所得控除の計算を申告者自身で行うことです。

 

郵送申告

完成させた申告書を郵便で受付窓口に提出することです。

詳しい手続きのしかたは『市民税県民税申告のお知らせ』の7ページを参照してください。

※申告書の控えが必要なかたは、返信に必要な金額の切手を貼った返信用封筒を同封してください。

 

 

確定申告書の作成と提出はご自宅で

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」では、自動計算により確定申告書を作成することができます。

「確定申告書等作成コーナー」で作成した確定申告書は、印刷して郵送等で提出するほか、e-Taxを利用することで、自宅から提出することもできます。

 

確定申告書等作成コーナー

https://www.keisan.nta.go.jp/このリンクは別ウィンドウで開きます(外部ページへ移動します)

e-Taxホームページ

http://www.e-tax.nta.go.jp/このリンクは別ウィンドウで開きます(外部ページへ移動します)

 

※e-Tax(国税電子申告・納税システム)とは、国税に関する各種の手続きについて、インターネットなどを利用して電子的に手続きが行えるシステムです。詳しくはe-Taxホームページをご確認ください。

 

 

問い合わせ先

担当 市民税課 市民税第二・第三係

電話 0172-40-7025、0172-40-7026

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

くらしのメニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る