弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 税金 > 住宅の省エネ改修に伴う固定資産税の減額制度について
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 税金 > 住宅の省エネ改修に伴う固定資産税の減額制度について

ここから本文です。

住宅の省エネ改修に伴う固定資産税の減額制度について

平成30年3月31日までに、一定の省エネ改修が行われた住宅については、翌年度分の税額が3分の1減額されます。(120平方メートル分までを限度)

 

要件

 

減額となるための要件は次のとおりです。

 

◎ 対象家屋


 平成20年1月1日に存在し、改修後の床面積が50平方メートル以上の住宅(賃貸住宅を除きます。)

 

◎ 対象工事


   次の工事で、補助金等を除く自己負担額が50万円を超えるもの

 

  1.  窓の改修工事(必須)
  2.  床の断熱改修工事
  3.  天井の断熱改修工事
  4.  壁の断熱改修工事
  (外気等と接するものの工事に限ります。)
  ※  1から4までの改修工事により、それぞれの部位が現行の省エネ基準に新たに適合すること。

 

申告の手続き

 

納税者は、改修後3ヶ月以内に「省エネ改修に伴う固定資産税の減額申告書」に次に掲げる書類を添えて、資産税課家屋係に提出してください。

「省エネ改修に伴う固定資産税の減額申告書」は『申請書ダウンロード』のページからダウンロードできます。

  

申請書ダウンロードのページ

 

◆ 添付書類
  (ア) 納税義務者の住民票の写し
  (イ) 熱損失防止改修工事証明書
  ※ (イ)は、国土交通省のホームページからダウンロードできます。


■ 問い合わせ先: 資産税課 家屋係(電話0172-40-7029)

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

くらしのメニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る