弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 税金 > 市たばこ税
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 税金 > 市たばこ税

ここから本文です。

市たばこ税

市たばこ税は、製造たばこの製造者、特定販売業者または卸売販売業者(以下「卸売販売業者等」といいます)が、市内の小売販売業者に売り渡した製造たばこに対してかかる税です。

 

問い合わせ先:市民税課 諸税係(電話0172-35-1117)

 

納税義務者

納税義務者は卸売販売業者等です。

 

(注)小売たばこの価格には、たばこ税に相当する分が含まれていますので、実際に税金を負担しているのは消費者ということになります。

 

税額について

税額は、売渡し、または消費等にかかる製造たばこの本数に税率をかけた金額です。

 

製造たばこ(紙巻きたばこ三級品以外)

税率は1,000本につき5,262円(1本につき5円26銭2厘)です。

 

紙巻きたばこ三級品

税率は1,000本につき3,355円(1本につき3円35銭5厘)です。

(注)税率は、平成29年4月1日から平成30年3月31日までの税率です。

平成30年4月1日以後の税率は後段を参照してください。

 

(注)「紙巻きたばこ三級品」(旧三級品の製造たばこ)とは、わかば、エコー、しんせい、ゴールデンバット、ウルマ及びバイオレットの6銘柄をいいます。

 

申告と納税の方法

卸売販売業者等が、毎月算出した税額を翌月末日までに申告し、納めます。

 

紙巻きたばこ三級品に係る特例税率の廃止及び手持品課税について

平成27年度税制改正により、紙巻たばこ三級品に係るたばこ税も特例税率が廃止され、税率が引き上げられます。
この改正は、平成28年4月1日から実施されますが、激変緩和の観点から経過措置が講じられます。市たばこ税については次の4段階に分けて税率が引き上げられます。

 

市たばこ税(紙巻きたばこ三級品)に係る1,000本当たりの税率

実施時期

平成28年

3月31日まで

平成28年

4月1日から

平成29年

4月1日から

平成30年

4月1日から

平成31年

4月1日から

市たばこ税

(紙巻きたばこ

三級品)

2,495円

2,925円 3,355円 4,000円 5,262円

 

この改正に伴い、平成28年から平成31年までの各年における4月1日の午前0時現在において、小売販売業者等が、合計5,000本以上の紙巻たばこ三級品を販売のために所持している場合には、その所持する紙巻たばこ三級品について、税率の引上げ分に相当するたばこ税が課税されます。このことを「手持品課税」といいます。

 

手持品課税の詳細については、国税庁ホームページ「平成29年4月1日実施のたばこ税の手持品課税についてこのリンクは別ウィンドウで開きます」をご覧ください。

なお、手持品課税の対象となるたばこ販売業者の皆様には、必要書類が送付されます。

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

くらしのメニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る