弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 子育て・教育 > 学校教育 > 弘前市の奨学金制度
現在の位置: 弘前市トップ > 子育て・教育 > 学校教育 > 弘前市の奨学金制度

ここから本文です。

弘前市の奨学金制度

趣旨

能力があるにもかかわらず、経済的理由により修学が困難な者に対し、学資を貸与し、もって有為な人材育成に資することを目的としています。

内容

対象

弘前市に住所を有する家庭の被扶養者で、大学、専門学校または高等学校(中等教育学校後期課程を含む)に在学している方。(学年別は問いません)
なお、他の奨学金制度と重複して利用することはできません。

貸与額(月額)

・高等学校 (定時制・通信制を含む) 13,000

・大学または専門学校 (短期大学を含む)

25,000

 

貸与期間

在学する学校における正規の修業期間とします。

申請書類・提出先

申請者は、「平成29年度弘前市奨学生募集要項」をよくお読みのうえ、必要書類を提出してください。

 

平成29年度弘前市奨学生募集要項PDFファイル(192KB)

弘前市奨学生貸与申請書PDFファイル(103KB)

申請確認書PDFファイル(75KB)

弘前市奨学生推薦調書PDFファイル(58KB)

住民票等の閲覧同意書PDFファイル(95KB)

通学状況調査票PDFファイル(63KB)

口座振替依頼書PDFファイル(139KB)

口座振替依頼書【記入見本】PDFファイル(237KB)

連帯保証人になられる方へPDFファイル(118KB)

 

※ 連帯保証人になられる方は、原則、本市に住所を有している方に限ります。本市に住所を有した方を保証人とすることができない場合は、お問い合わせください。

    

※ 募集要項及び申請書類一式は、教育政策課及び学務健康課弘前分室でも配布しています。

 

提出先:教育政策課(岩木庁舎3階)または学務健康課弘前分室(市役所本庁舎) 

貸与の中止

次のいずれかに該当するときは貸与を中止します。

  1. 病気等のため、修学の見込みがないとき
  2. 学業成績または操行が不良となったとき
  3. 貸与を必要としない事由が生じたとき
  4. その他奨学生として適当でないとき

奨学金の返還

本奨学金は無利息です。在学中の学校を卒業後、1年間据え置いてから月賦・半年賦・年賦により10年以内で返還します。

募集締切

平成29年6月9日(金曜日)教育政策課必着

問い合わせ先

担当 教育政策課

電話 0172-82-1639

アンケートフォーム

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

子育て・教育メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る