弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 子育て・教育 > 子育て > 子ども医療費給付
現在の位置: 弘前市トップ > 子育て・教育 > 子育て > 子ども医療費給付

ここから本文です。

子ども医療費給付

平成26年8月より4歳~6歳の通院医療費の自己負担がなくなりました。

子ども医療費給付制度は、弘前市に居住する子どもが保険診療を受けた際の一部負担金を給付する制度です。
ただし、他の医療費給付制度の対象者は除きます。

 

対象年齢

通院:出生の日から満6才に達した日の属する年度末(通常は小学校就学前)まで
入院:出生の日から満18才に達した日の属する年度末まで

 

対象医療費

 保険適用の通院・入院医療費の一部負担金
※ 加入する保険者等から支給される高額療養費・附加給付金などを除きます。

 

所得制限

 所得は、子どもの誕生日が1月1日~7月1日の場合は前々年の所得、7月2日~12月31日の場合は前年の所得により審査しますので、所得の有無にかかわらず必ず税の申告をしてください。
また、保護者(父、母、養親、事実婚相手など)の全ての所得を審査しますので、次の所得制限限度額表をご確認ください。

※全ての保護者が限度額を超えない必要があります。

 

所得制限限度額表

扶養親族等の数 所得制限限度額
0 人

234万2,000 円

1 人 272万2,000 円
2 人 310万2,000 円
3 人 348万2,000 円
4 人 386万2,000 円
5 人 424万2,000 円
6 人以上 以下 1人につき 38万円加算

 

(注)総所得金額から控除した額が審査対象となります。


※ 控除される項目

項目 控除額
一律控除 8万円

障害者控除

1人につき27万円

特別障害控除 1人につき40万円
寡婦(夫)控除 27万円
勤労学生控除 27万円

配偶者特別控除

最高 38万円
老人扶養控除 1人につき10万円
特定扶養控除 1人につき15万円
雑損控除 当該控除額
医療費控除 当該控除額

 

 

受給資格の申請

 子どもの保険証、印鑑(スタンプ印不可)、保護者名義の通帳、保護者の所得証明書(本市で所得が確認できない人。)をお持ちのうえ申請してください。
 後日、資格の該当・非該当について通知します。

 

※申請者は、子どもの生計を維持している(所得の高い)保護者です。

※資格は原則として申請日からです。(出生や転入の場合は、1か月以内に手続きしてください。)

※有効期限は次の誕生月の末日(1日生まれの場合は前月末)までです。

※小学校就学前の子ども医療費受給資格者は、毎年、誕生月に更新申請手続きが必要になります。

※所得制限限度額を超えるために資格喪失となった場合、次年度以降については、保護者の方がそれぞれの所得を確認し、所得制限限度額内であれば子どもの誕生月(1日生まれは、誕生月の前月)に申請の手続きをお願いします。


資格認定(更新)の申請書などは、『申請書ダウンロードのページ』からダウンロードできます。

申請書ダウンロード のページ <子ども医療費の資格認定申請>

 

医療費の給付

 給付方法として現物給付と償還払いの2つの方法があります。


【1. 現物給付】

 病院・薬局などの医療機関で子ども医療費受給資格証を提示すると、医療費の支払いがなくなります。(一部の医療機関を除きます。)
 医療機関の窓口に、毎回必ず「子ども医療費受給資格証」と「保険証」を提示してください。提示しなかったり提示するのが遅れたりするとその月1か月は窓口での負担が必要となる場合があります。


【2. 償還払い】

 医療機関において、医療費を支払った際の領収書を添えて申請することで後日給付します。

 

※給付申請書は、1回の申請で1枚必要です。

※子どもの保険証は必ず提示してください。

※診療月の翌月から2年間有効です。

※領収書は原本を提出してください。

 


給付申請書は、『申請書ダウンロードのページ』からダウンロードできます。

申請書ダウンロード のページ <子ども医療費の給付申請>

問い合わせ先

担当 子育て支援課 家庭支援係

電話 0172-40-7039

アンケートフォーム

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

子育て・教育メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る