弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市からのお知らせ > お知らせ(健康と福祉) > 熱中症にご注意ください
現在の位置: 弘前市トップ > 市からのお知らせ > お知らせ(健康と福祉) > 熱中症にご注意ください

ここから本文です。

熱中症にご注意ください

 

熱中症は、7月から9月に発生することが多く、青森県でも7月から熱中症により救急搬送される方が多くなる傾向があります。また、あまり暑くなくても、湿度が高くなると、熱中症にかかる場合がありますので、十分注意してください。

特に、外出時や屋外での作業時、閉め切った部屋での作業時など、あるいは、高齢者、乳幼児、体調のすぐれない方がおられるご家庭などにおいては、水分をこまめに補給し、多量に汗をかいた場合は塩分も補給する、カーテンで日射を遮る、冷房を適切に利用し、室温に留意するなど、熱中症に対して十分な対策をとってください。

 

熱中症は、症状がひどい場合には意識がなくなって死亡することもあります。

特に、子どもは、おとなに比べて、体温調整機能があまり発達していないこと、また、高齢者はのどの渇きを自覚しにくく脱水をおこしやすいことから、熱中症になりやすいので、注意が必要です。

 

「乳幼児の熱中症予防」についてPDFファイル(401KB)

「高齢者の熱中症予防」についてPDFファイル(295KB)

 

○ 熱中症は、適切な予防をすれば防ぐことができます。

○ 熱中症になった場合も、適切な応急処置により救命することができます。

○ 一人ひとりが、熱中症予防の正しい知識をもち、自分の体調の変化に気をつけるとともに、周囲の人にも気を配り、予防を呼びかけ合って、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

 

☆ こんな日には注意してください。

気温が高い、湿度が高い、風が弱い、急に暑くなった

弘前市の暑さ指数

(環境省では、暑さ指数(WBGT)=熱中症になりやすい状態を示す指標を発表しています。同じ気温でも、湿度や日差しの違いによって熱中症になりやすい場合があります。(暑さ指数とは

この暑さ指数と、日常生活や運動に関する指針を熱中症予防に活用しましょう。(暑さ指数メール配信サービス

 

☆ 熱中症の予防法はできていますか

(1) こまめに水分補給をしている

(2) がまんせず、エアコン、扇風機を上手に使用している

(3) シャワーやタオルで体を冷やす

(4) 部屋の温度を測っている

(5) 部屋の風通しをよくしている

(6) 暑いときは無理をしない

(7) 涼しい服装をしている

(8) 天気のよい日は昼下がりの外出はできるだけ控える

(9) 外出時には帽子や日傘を使用している

(10) 涼しい場所、施設を利用する

(11) 緊急時、困ったときの連絡先を確認している

 

○ 無理をせず、徐々に体を暑さに慣らしましょう

○ 体調の悪いときは特に注意しましょう

 

☆ こんな症状があったら熱中症を疑いましょう

軽 ・・・ めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない

中 ・・・ 頭痛、吐き気、体がだるい(倦怠感)、虚脱感

重 ・・・ 意識がない、けいれん、高い体温である、

呼びかけに対して返事がおかしい

まっすぐに歩けない、走れない

 

☆ 熱中症になったときの処置は

○意識がある、反応が正常なとき

涼しい場所へ避難させる

→ 衣服を脱がせ、体を冷やす

→ 水分・塩分を補給する

→ ただし、水を自力で飲めない、または症状が改善しない場合は、直ちに救急隊を要請しましょう

 

○意識がない、反応がおかしいとき

救急隊の要請をする

→ 涼しい場所へ避難させる

→ 衣服を脱がせ、体を冷やす

→ 医療機関に搬送する(倒れたときの状況がわかる人が同行しましょう)

 

熱中症に関する詳しい情報は、下記の厚生労働省等のホームページを参照してください。

 

○青森県:熱中症に注意しましょう

 

○厚生労働省:熱中症関連情報

 

○環境省:熱中症予防情報サイト

 

○総務省消防庁:熱中症情報

 

○農林水産省:農作業安全対策(熱中症対策)

アンケートフォーム

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

健康と福祉メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る