弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市からのお知らせ > お知らせ(健康と福祉) > かぜやインフルエンザに十分注意が必要です。
現在の位置: 弘前市トップ > 市からのお知らせ > お知らせ(健康と福祉) > かぜやインフルエンザに十分注意が必要です。

ここから本文です。

かぜやインフルエンザに十分注意が必要です。

市内でインフルエンザが再流行しています。

 

咋日、インフルエンザの発生状況について青森県の週報が公表されました。

それによると、弘前保健所管内では一旦注意報が解除されていましたが、今週、インフルエンザ注意報が再発令されました。市内の小中学校でも学級閉鎖等が続いています。日中は暖かい日もありますが、夜は氷点下まで下がる日がまだまだ多いです。インフルエンザやかぜにかからないよう、引き続き体調管理には十分注意をして予防を心がけてください。


インフルエンザは、突然の高熱、頭痛、関節痛など、普通のかぜに比べて全身症状が強く、気管支炎や肺炎などを合併し重症化することが多いので、インフルエンザにかからないように予防することが大切です。

自らの健康を自ら守るためにも、予防対策をしっかりとるように心がけましょう。外出時の予防としてのマスクの着用、帰宅時の手洗い・うがいを励行し、もしかかったら、自宅でもマスクを着用するなど、家族間でも感染を広めないよう、市民の皆さんの取り組みをお願いします。

 

かぜやインフルエンザに関するご相談を受け付けています。平日の午前8時30分から午後5時までに、弘前市保健センター内の健康づくり推進課まで、お問い合わせください。

電話番号 0172-37-3750

 

インフルエンザの予防方法は?

かからない

  できるだけ人混みを避け、外出後の手洗い・うがいを心がけましょう

  バランスのよい食事を心がけ、睡眠を十分に取るなど、体力、抵抗力をつけましょう

  室内を適度な湿度(50から60パーセント)に保つことも効果的です

 

  こんな人は特に注意を!

   高齢者・幼児・妊娠中の女性

   持病のある人

    ぜんそくのある人

    慢性呼吸器疾患(COPD)

    慢性心疾患のある人

    糖尿病など代謝性疾患のある人

   など

 

うつさない

  人に向かってせきをしない。せきが出るときは、「せき(咳)エチケット」を心がけましょう

 

咳エチケット

咳・くしゃみが出るときは、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。マスクを持っていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1メートル以上離れましょう。

鼻汁・たん(痰)などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱へ捨てましょう

咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう

(咳エチケット用のマスクは、薬局やコンビニエンスストア等で市販されている、不織布(ふしょくふ)製マスクの使用が推奨されています。マスクの装着は、説明書をよく読んで、正しく着用しましょう。)

 

インフルエンザはどのように感染するのでしょう

 感染経路は「飛沫感染」と「接触感染」

飛沫感染

 (1) 感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出

 (2) 別の人が、そのウイルスを口や鼻から吸い込み感染する

 ※主な感染場所・・・学校や職場、満員電車などの多くの人が集まる場所

接触感染

 (1) 感染者がくしゃみや咳を手で押さえる

 (2) その手で周りの物に触れてウイルスが付く

 (3) 別の人が、その物に触ってウイルスが手に付着

 (4) その手で口や鼻を触って粘膜から感染

 ※主な感染場所・・・電車やバスのつり革、ドアノブ、照明のスイッチなど 

インフルエンザを予防するためには、このような感染経路を断つことが重要です。上記の予防方法を励行しましょう。

 

【インフルエンザ様症状とは…】

38度以上の発熱に加え、鼻汁または鼻づまり・のどの痛み・せきのいずれかの症状がある場合をいいます。

もしインフルエンザにかかってしまったら

インフルエンザの症状が出た時も、一般の医療機関で診療できます。
ただし、感染のまん延を防ぐため、必ず事前に電話し、医療機関の指示に従ってマスクを着用して受診してください。

早めに医療機関を受診して治療を受けましょう。

インフルエンザは、熱が下がってもウイルスが体内に残っているため、数日間は他人にうつすおそれがあります。
医師の指示を守って、外出はできるだけ避け、家族にもうつさないよう心がけましょう。

 

救急医療機関からのお願い

救急医療機関には、インフルエンザのほか、けがや命にかかわる病気のかたもみえます。
発熱などの症状がみられたら、できるだけ早めに、かかりつけの医療機関で診療時間内に受診いただき、救急医療の確保にご協力をお願いします。

 

集団かぜ(インフルエンザ様症状)による学校の措置状況

 集団かぜ(インフルエンザ様症状)による学校の措置状況については、次の青森県教育委員会ホームページ「集団かぜ(インフルエンザ様症状)による措置状況」でご確認いただけます。

集団かぜ(インフルエンザ様症状)による措置状況
(青森県教育委員会ウェブサイト):
  http://www.pref.aomori.lg.jp/bunka/education/syudankaze_00.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

感染症流行警告アプリ ワーンニング の利用について

「感染症流行警告アプリ ワーンニング」は、インフルエンザの発生状況とかぜの流行を可視化して知らせることで、早期の対策を促すことを目的としたWEBアプリケーションです。感染症予防のため、ぜひご利用ください。詳しくは次のリンクからご覧ください。

 

http://www.city.hirosaki.aomori.jp/oshirase/jouhou/2016-0105-1835-405.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

青森県感染症情報(県内の保健所毎の感染状況を確認することができます。)

•青森県感染症発生動向調査(青森県ウェブサイト):

http://www.pref.aomori.lg.jp/welfare/health/infection-survei.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

その他の関連リンク(インフルエンザに関するくわしい情報は、次の各ページでもご確認いただけます。)

•今冬のインフルエンザ総合対策(厚生労働省ウェブサイト):
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/influenza/index.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます
•インフルエンザ対策(厚生労働省ウェブサイト):
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/このリンクは別ウィンドウで開きます

•インフルエンザQ&A(厚生労働省ウェブサイト):
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html このリンクは別ウィンドウで開きます
•インフルエンザの予防について(青森県ウェブサイト):
http://www.pref.aomori.lg.jp/welfare/health/seasonal_flu.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます

•インフルエンザワクチンの接種について(青森県ウェブサイト):
http://www.pref.aomori.lg.jp/welfare/health/flu_action_vaccin.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

健康と福祉メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る