弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市からのお知らせ > お知らせ(市政情報) > 春の史跡堀越城跡整備現場見学会開催のお知らせ
現在の位置: 弘前市トップ > 市からのお知らせ > お知らせ(市政情報) > 春の史跡堀越城跡整備現場見学会開催のお知らせ

ここから本文です。

春の史跡堀越城跡整備現場見学会開催のお知らせ

春の史跡堀越城跡整備現場見学会を開催します

堀越城跡は、のちの弘前藩初代藩主、津軽為信が津軽統一後の拠点とした城跡で、昭和60年に国の史跡として指定を受けました。

平成24年度から、発掘調査の成果に基づく整備工事に着手しており、これまでに本丸・二之丸・三之丸西、管理活用支援エリアの4地区が完成、暫定公開も行っています。

また現在は、城内2地区で工事中のほか、城跡の東側で弘前市指定文化財旧石戸谷家住宅の移築復元工事を行っています。

今回は、この旧石戸谷家住宅復元工事の状況について、広くみなさまに知っていただくため、見学会を下記により開催いたします。

 

みなさまお誘い合わせのうえ、多数のご参加をお待ちしております。

 

「旧石戸谷家住宅」とは?

旧石戸谷家住宅は、かつて浜の町に所在した、県内有数の大きさを誇る江戸時代末期の農家住宅です。

建物規模は、桁行(長辺)約30メートル、梁間(短辺)約12メートル、1階床面積約390平方メートル(約118坪)の大きさを有します。

石戸谷家は「萢中(やちなか)の大家(おおや)」とも呼ばれ、藩主も立ち寄る家柄であったとされます。

昭和60 年に弘前市指定有形文化財に指定され、平成16 年に市に寄附されましたが、老朽化が進んだため、平成21 年度に解体保存されました。

市では、古民家として公開するとともに、史跡堀越城跡のガイダンス施設としても活用するため、城跡の東側に復元工事を行うこととしました。

建物としての完成は平成30年度ですが、内装や外構の整備を経て、平成32年の春の公開を目指しております。

現在は、屋根の茅葺作業などを実施しています

 

今回の見学会では、伝統的な建築技術を直接目の当たりにしていただき、徐々によみがえりつつある豪農住宅の姿に思いを馳せていただければと思います。

 

旧石戸谷家住宅復元工事の状況

旧石戸谷家住宅復元工事の状況

※茅葺作業

開催日時

平成29年6月3日(土曜日)午後1時から午後3時まで

※少雨決行。

※時間内は随時見学可能です。

 

事前申込み等

事前のお申込みは不要です。

また、参加無料です。

 

会場

旧石戸谷家住宅復元工事現場

※堀越雪置き場駐車場よこ

 

駐車場

堀越雪置き場の駐車場をご利用ください。

※下記アクセスマップを参照ください。

 

アクセスマップ

堀越城跡へのアクセスマップ(316KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

お問い合わせ先

教育委員会文化財課埋蔵文化財係

電話0172-82-1642

アンケートフォーム

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市政情報メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る