弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市からのお知らせ > お知らせ(市政情報) > 9月29日(土)古代史シンポジウムを開催します。(弘前市)
現在の位置: 弘前市トップ > 市からのお知らせ > お知らせ(市政情報) > 9月29日(土)古代史シンポジウムを開催します。(弘前市)

ここから本文です。

9月29日(土)古代史シンポジウムを開催します。(弘前市)

シンポジウム開催について

 古代、北東北は中央集権国家の支配の及ばない地域であり、その住民は「蝦夷」と呼ばれていました。その実態は、長らく謎に包まれていましたが、近年の発掘調査の成果ではこの時期の人々の様相が見えつつあります。弘前市内でも、平成10年以降平安時代を中心とした発掘調査事例が増加しており、笹森館遺跡(独狐字石田)では、県内で2例しかない馬の線刻画土器が出土しているなど、貴重な成果があがっています。

 このことから、近年の調査成果から見た古代の津軽の様相を紹介し、ひいては文化財保護への理解を深める機会として、「古代津軽の様相を探る」と題して古代史シンポジウムを開催します。

 本シンポジウムでは、古代における津軽の様相について考古学及び文献史学の専門家から講演いただきます。

 知られざる蝦夷の時代について講演を聞きに来ませんか?ぜひお越しください。

笹森館遺跡出土線刻画土器

笹森館遺跡出土線刻画土器(写真中央、10世紀後半)

 

開催日時など

【主催】弘前市教育委員会

【後援】青山学院大学文学部史学科、中泊町教育委員会、弘前大学人文社会科学部、東海大学文学部

【日時】平成30年9月29日(土) 午後1時00分~5時40分

【場所】ヒロロ4階市民文化交流館ホール(青森県弘前市大字駅前町9-20)

【その他】

・入場料等無料、事前予約不要

・シンポジウム当日は、イベント記録用のため、職員等が写真撮影及び動画撮影を行いますので、ご了承ください。

・また、シンポジウムとの併催として、9月21日(金)~10月5日(金)まで、ヒロロ3階コミュニケーションゾーンにおいて、「古代遺跡を掘る-弘前市内の調査成果から-」と題してパネル展を開催します。こちらもぜひご覧ください。

プログラム

12時00分 開場

13時00分 開会挨拶 弘前市長 櫻田宏

13時05分 報告「津軽における古代遺跡の概要-弘前市域を中心に-」弘前市教育委員会 東海林心

13時45分 講演「古代津軽地域における集落遺跡の諸相」青山学院大学 岩井浩人氏

14時25分 休憩

14時35分 講演「「北方世界」から見た古代津軽」中泊町博物館 齋藤淳氏

15時15分 講演「文献史料から見た古代津軽」弘前大学 武井紀子氏

15時55分 休憩

16時05分 講演「古代の津軽地方に蝦夷はいたか?」東海大学 松本建速氏

16時45分 休憩

16時50分 パネルディスカッション「古代津軽の様相を探る」コーディネーター元青森県考古学会長 工藤清泰氏

17時40分 パネルディスカッション終了

17時40分 閉会挨拶 弘前市教育委員会教育長 吉田健

※くわしくは下のチラシをご覧ください(ダウンロードできます)。

古代史シンポジウムチラシ(表)

古代史シンポジウムチラシ(裏)

古代史シンポジウムチラシ(A4両面)PDFファイル(1207KB)

お問い合わせ先

〒036-1393

青森県弘前市大字賀田1丁目1-1

弘前市教育委員会 文化財課

Tel:0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

市政情報メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る