弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市からのお知らせ > お知らせ(くらし) > フラット35金利優遇制度(子育て支援型・地域活性化型)のご案内
現在の位置: 弘前市トップ > 市からのお知らせ > お知らせ(くらし) > フラット35金利優遇制度(子育て支援型・地域活性化型)のご案内

ここから本文です。

フラット35金利優遇制度(子育て支援型・地域活性化型)のご案内

平成29年7月18日に、市と住宅金融支援機構がフラット35子育て支援型・地域活性化型に係る協定を締結しました。

フラット35子育て支援型・地域活性化型とは

フラット35

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する最長35年の全期間固定金利住宅ローンです。

詳しくはこちらをご覧ください。

フラット35(長期固定金利住宅ローン)このリンクは別ウィンドウで開きます

市町村との連携による金利優遇制度

本制度は、「子育て支援」、「UIJターン」などに係る施策を実施している市町村と住宅金融支援機構が相互協力に関する協定を締結し、対象となる方のフラット35借入金利を当初5年間、年0.25%引き下げるものです。

利用方法

制度の対象となる方

弘前市で住宅を取得する場合、

・子育て支援型(子育て世帯)

・地域活性化型(UIJターン)

の2パターンにより金利優遇制度を受けることができます。

 

詳しい制度内容についてはこちらをご覧ください。このリンクは別ウィンドウで開きます

 

対象となるための条件

子育て支援型(子育て世帯)の条件

・弘前市空き家・空き地利活用事業費補助金で「空き家の購入」の交付決定を受けること。

・融資を受ける方の年齢が満40歳未満であること。

・満18歳に達する日以後の最初の4月1日までの間にある子ども又は妊婦がいる世帯であること。

地域活性化型(UIJターン)の条件

・市外から市内へ移住すること。

・市内の既存住宅の購入又は市内に所有する土地もしくは購入した土地に住宅を新築すること。

・弘前市空き家・空き地利活用事業費補助金又は弘前市子育て世帯移住促進事業費補助金の交付決定を受けること。

・入居後5年間、居住状況の確認(住民基本台帳による)に協力できること。

 

※弘前市空き家・空き地バンク、各補助金の詳細については、こちらをご覧ください。

・弘前市空き家・空き地バンクこのリンクは別ウィンドウで開きます

・弘前市空き家・空き地利活用事業費補助金このリンクは別ウィンドウで開きます

・弘前市子育て世帯移住促進事業費補助金このリンクは別ウィンドウで開きます

 

手続きの方法

市の受付は、平成29年7月18日より開始します。

申請される場合は、下記書類をそろえ、該当する補助事業担当課まで提出してください。

 

・利用申請書(第2号書式)PDFファイル(171KB)

・要件等確認チェックシート(第2号書式付表:子育て世帯)PDFファイル(174KB)

・要件等確認チェックシート(第2号書式付表:UIJターン)PDFファイル(207KB)

 

【申込みフロー】

1.補助金の申請書を該当する補助事業担当課に提出。

2.本制度の利用申請書等を該当する補助事業担当課に提出。

3.市から本制度の利用対象証明書を受け取る。

4.フラット35取扱金融機関に利用対象証明書を添付し融資申込。

 

補助事業担当課(問い合わせ先)

・弘前市空き家・空き地利活用事業費補助金

 担当課 建築指導課(℡0172-40-7053)

・弘前市子育て世帯移住促進事業費補助金

 担当課 ひろさき未来戦略研究センター(℡0172-40-7121)

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

くらしのメニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る