弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市からのお知らせ > お知らせ(子育て・教育) > 「令和元年度 古文書解読中級講座」開催のお知らせ
現在の位置: 弘前市トップ > 市からのお知らせ > お知らせ(子育て・教育) > 「令和元年度 古文書解読中級講座」開催のお知らせ

ここから本文です。

「令和元年度 古文書解読中級講座」開催のお知らせ

「令和元年度 古文書解読中級講座」 受講者を募集しています

 郷土を知ることは、歴史を知ることであり古文書に親しむことでもあります。

弘前図書館には、津軽家文書をはじめとする郷土に関する多くの古文書が所蔵されています。

これらの史料は江戸時代の政治・経済・文化などを知るための貴重な史料として

全国的に評価を受けており、市及び市民が連携・協力して後世に引き継ぐべき文化遺産の一つです。

 

 この講座は、古文書解読の経験者・中級者向けに開催し、古文書を活用していただき、

今後の歴史研究等に資することを目的としています。  

 


 

古文書の基礎知識をお持ちであり、解読の初歩を学んだ、高校生以上の市民

の皆さまのお申込みをお待ちしています。

 


 

今回のテーマは、「津軽の孝義者(こうぎもの)」です。

江戸時代、幕府や藩などの権力によって誉められた人を書き上げた「孝義伝」とか「孝義録」と呼ばれるものが多くの地域に残されています。

 

江戸時代の為政者から見た「期待される人間像」はどのようなものであったのか、をさぐります。

  肩たたき

 

とき

令和2年2月2日(日曜日)・2月8日(土曜日)・2月15日(土曜日)・2月16日(日曜日)

 

時間は、いずれも午後2時から4時まで

 

ところ

弘前図書館 2階 視聴覚室

 

講師

蔦谷大輔さん(弘前大学国史研究会会員)

 

対象

高校生以上の市民(古文書の基礎知識と解読の初歩を学んだ人)

 

募集人員

30名(先着順) ※定員になりしだい締め切り

 

募集期間:令和元年12月15日(日曜日)から令和2年1月29日(水曜日)まで

 

参加料

700円(テキスト代として) ※初回参加時にご持参ください。

 

申し込み方法 

電話かファクスまたはEメール(住所・氏名〈ふりがな〉・電話番号を記入)で、

1月29日までにお申し込みください。

 

関連ファイル

古文書解読中級講座チラシPDFファイル(379KB)

 

問い合わせ先

担当 図書館・郷土文学館運営推進室

電話 0172-32-3794

ファクス 0172-36-8360

Eメール tosho@city.hirosaki.lg.jp

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

子育て・教育メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る