弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 働く・産業 > 農業情報 > 「畑わさび」の栽培に興味のある方を募集中です!!
現在の位置: 弘前市トップ > 働く・産業 > 農業情報 > 「畑わさび」の栽培に興味のある方を募集中です!!

ここから本文です。

「畑わさび」の栽培に興味のある方を募集中です!!

畑わさび

畑わさびとは

 わさびと聞くと、ほとんどの人は水の流れている場所で作られているものを想像すると思います。わさびはその栽培方法によって、流水の中で作られる「沢わさび(水わさび)」と、畑で作られる「畑わさび」に分けられます。沢わさびと畑わさびは同じ作物ですが、沢わさびは芋部分を収穫し、生食用として流通するのに対して、畑わさびは茎部分を収穫し、加工原料として流通しています。

 

 

畑わさびの特徴

 畑わさびには、以下のような特徴があります。

 

1.直射日光に弱い

 畑わさびはもともと山林に生息している日陰を好む植物であり、直射日光に当たると枯れてしまいます。そのため、栽培するには野生のものと同じように山間地で栽培するか、遮光ネットを使用するなどして、日照率を40%ほどに抑える必要があります。

 

2.定植から収穫までに時間がかかる

  畑わさびは多年草であり、数年かけて大きく成長します。畑わさびの収穫が可能になるのは、苗を定植して2年から3年後となります。収穫までの年数は、土壌の状況などにより変化します。

 

弘前市における試験栽培

 弘前で畑わさびを栽培することは可能なのかどうかを探るため、市では畑わさびの試験栽培を実施しました。畑わさびの栽培技術に関しては、畑わさび加工品の製造・販売等を行っているテーオー食品株式会社と「畑わさびの試験栽培に関する協定」を締結し、技術提供を受けながら実施しています。

試験期間 平成27年4月~平成29年8月
試験場所 弘前市大字百沢字東岩木山(岩木山東側の林間地)
試験面積 10a
苗数 4,000株
技術提供

テーオー食品株式会社

 

 【試験栽培の様子】

1年目

(平成27年)

定植

 

畑わさび定植

 平成27年4月、10aの試験ほ場に4,000株の畑わさびを定植しました。株間の間隔は、50cmとしています。

 わさびは比較的雑草に強い植物ですが、1年目はまだ株が弱いため、月に一度の草刈作業が必要になります。

2年目

(平成28年)

花芽

除去

平成28年花芽摘み

 2年目以降からは、5月ごろに花芽が付くようになります。花芽を残しておくと、多くの栄養が花芽に取られて茎の生育が悪くなってしまうので、花芽を除去する作業が必要となります。

 また、花が開く前の花芽は天ぷらやおひたしにして食べることが出来ます。

3年目

(平成29年)

収穫 収穫

 平成29年8月、試験栽培していた畑わさびを収穫しました。

 収穫量は10aあたり1,009kgとなりました。

 

試験栽培の詳しい記録はこちら↓

 

弘前市における畑わさび試験栽培記録PDFファイル(3029KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

【内容】

1.試験栽培の概要(3P~6P)

 (1)試験栽培の経緯

 (2)なぜ畑わさびなのか

 (3)畑わさびの特徴

 (4)試験栽培スケジュール等

2.試験栽培記録(7P~18P)

 ◆1年目

 (1)ほ場作り・基肥料

 (2)定植

 (3)生育状況

 (4)植え替え

 ◆2年目

 (1)雪解け後の施肥

 (2)花芽除去

 (3)生育状況

 (4)種の採取

 ◆3年目

 (1)3年目の栽培管理

 (2)苗の採取

 (3)収穫

 

試験結果について

試験栽培の結果は以下のとおりでした。

栽培面積 10a
収穫量 1,009kg
販売額 359,607円
栽培経費 177,600円
収益 182,007円

※作業を行った人件費は含まれていません。

 

 

試験栽培についての様々なデータはこちら↓

 

弘前市における畑わさびの試験栽培についてPDFファイル(681KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

【内容】

1.試験栽培結果(3P~5P)

 (1)収穫量

 (2)栽培経費と収益

 (3)作業量

2.経営モデルの作成(6P~9P)

 (1)基本型の作成

 (2)基本型の農作業

 (3)3年目以降の農作業

 (4)雇用型の作成

3.収益計算(10P~12P)

 (1)基本型

 (2)雇用型

 (3)損益分岐点

4.他作物との収益性比較(13P)

 (1)他作物との比較

5.まとめ(14P)

畑わさび栽培報告会(平成30年2月14日開催)

 試験栽培で得られたデータを公表するため、畑わさび栽培報告会を開催しました。報告会では、市の試験栽培結果を報告したほか、テーオー食品株式会社から畑わさびの特性や栽培方法について講演していただきました。

 試験栽培の結果報告では、収穫量などの試験結果だけでなく、弘前市で畑わさびを栽培した場合の経営モデルや、今後の課題などが議論されました。

 

畑わさびに興味のある方へ

 畑わさびについての情報を知りたい、畑わさびを栽培してみたいという方は、農業政策課までご相談ください。

問い合わせ先

担当 農業政策課 農産係

電話 0172-40-7102

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

働く・産業メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る