弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 働く・産業 > 農業情報 > GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会(東北ブロック)の開催について
現在の位置: 弘前市トップ > 働く・産業 > 農業情報 > GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会(東北ブロック)の開催について

ここから本文です。

GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会(東北ブロック)の開催について

東北農政局より、GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会(東北ブロック)の開催について通知がありましたのでお知らせします。

 

近年、フードチェーンのグローバル化、複雑化に伴う流通過程の不透明化とともに、環境保全、人権保護等、持続可能性への意識の高まりを背景に、消費者の不信・不安が拡大し、農林水産物の安全性や持続可能性へのニーズが増しています。

こうした状況の中、生産現場では、フードチェーン全体の持続可能性の確保に向けて、国際水準GAPの取組を進める必要があり、その進捗状況に合わせて、国際水準GAPの取組により生産された農畜産物のマーケットを計画的に拡大していく観点から、生産、流通、加工、小売、外食等関係者を結集し、日本のフードチェーンにおけるGAPの価値の共有化を図ることを目的としたパートナー会を開催します。

 

〇主催:東北農政局

〇日時及び場所:平成30年11月20日(火) 13:30~16:00

        仙台合同庁舎 B棟2階 共用第1会議室(仙台市青葉区本町3-3-1)

〇議題

 (1)国際水準GAPの推進について

    ・農林水産省

 (2)GAPの取組について

    ・有限会社耕佑(宮城県栗原市)

    ・有限会社まるせい果樹園(福島県福島市)

 (3)GAP認証農畜産物へのニーズについて

    ・全国農業協同組合連合会(東京都千代田区)

    ・イオンリテール株式会社東北カンパニー(宮城県仙台市)

 (4)意見交換

 

〇参集範囲(定員70名)

 GAPに関心のある者

  農業者、農業者団体、食品製造業、卸売業、小売業、外食・中食業者、消費者、行政関係者、報道関係者 等

 

【お申込みについて】

〇申込期限:平成30年11月15日(木)

〇申込書:チラシ「GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会」の裏面の参加申込書

〇申込先:東北農政局生産部生産技術環境課へFAXでお申し込み下さい

 

GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会(東北ブロック)開催要領PDFファイル(58KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

チラシ「GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会」PDFファイル(255KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

【お問い合わせ先】

〒980-0014

宮城県仙台市青葉区本町3-3-1

東北農政局 生産部 生産技術環境課

TEL:022-221-6214 FAX:022-217-4180

 


アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

働く・産業メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る