弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 小中学校一覧 > 朝陽小学校
現在の位置: 弘前市トップ > 小中学校一覧 > 朝陽小学校

ここから本文です。

朝陽小学校

朝陽小学校校舎正面から

 

明治6年10月1日創立

校章

校長:工藤 雅哉

児童・生徒数:165人 教員数:16人

(平成28年5月1日現在)

学校教育目標

● 教育目標(長期的課題)

生きる力を身に付け、朝陽のようにきらきら輝く子

 あかるく 元気な子
 さいごまで がんばる子
 心 ろがる子

 

● 努力目標

・基礎的・基本的な知識及び技能を習得・活用し、自ら学び、考え、表現する子どもの育成に努める。
・思いやりや命を大切にする心を育み、共に生きる心豊かな子どもの育成に努める。
・めあてをもって楽しんで運動や体力つくりに取り組み、心身ともに健康でたくましい子どもの育成に努める。

 

学校の特色

● 本校の歴史

 本校は、平成25年に創立140周年を迎えた歴史と伝統のある小学校であり、多くの先達を輩出している。本校の所在する地区は弘前城に隣接しており、長勝寺をはじめとした伝統的建造物や文化財、りんご公園などの公共施設が数多く存在する。

 藩政期より武士や僧侶、町人の居住区画だったこともあり、数代にわたりこの地域で暮らし続けている家も多い。地域の教育に対する関心は高く、学校への協力も惜しまない。

 官公庁の建設や拡張に伴う民家の減少、少子高齢化のために学校規模は大きいとは言えないが、言い方を変えれば「適切な学校規模」であり、質の高い教育や学校経営が営めるチャンスである。

 本校ではこれまで、校名の「朝陽」の通り、時代を切り開く進取の気性に満ちた教育が展開されてきた。それを教師も子どもも保護者や地域も一体となって実現していくために、「朝陽のようにきらきら輝く子」を育む学校をすべての教育活動の指針に据えて推進している。

 

 学校運営の方針と重点

● はじめに~朝陽小学校三本の矢2016~
  年度末も押し迫った平成28年2月、平成28年度の教育課程編成会議直前に、本校の先生方に、『朝陽小学校 三本の矢 2016』というタイトルで、来年度力を注ぐべき項目を三点挙げてもらった。
たくさん挙がった項目を分類したところ、
 (1)授業の改善
 (2)あいさつ・言葉遣いの指導
 (3)家庭学習指導
 (4)学校行事改善
 (5)心を育てる指導
 (6)体育的指導
 (7)生徒指導
の7つにまとめることができた。
 これらは、「生きる力」と称されている『確かな学力』=知、『豊かな心』=徳、『健やかな体』=体の3つの要素を、子どもに身に付けさせる指導に他ならない。

 そこで、28年度の大きな方針として、以下の3つに絞ってみた。

 

1 すべての子どもの居場所がある授業づくり
 【具体的取り組み】
 ・「わかる」「できる」「やりたくなる」授業づくりの不断の追求
 ・ICT機器の活用
 ・合理的配慮の模索
 ・授業と家庭学習の効果的な連携
2 自分を大切にし、相手を思いやる心の育成
 【具体的取り組み】
 ・「自分がされていやなことは相手にしない」の徹底
 ・「誰かのため」「学級のため」「学校のため」になる活動を考えさせる
 ・「相手を思いやる心」がこもった挨拶、言葉遣いの指導
3 自分の健康を自分で守る力の育成
 【具体的取り組み】
 ・「食に関する指導」「保健指導」の充実
 ・自分から進んで体力つくりがしたくなるような「楽しい」しかけの提案

 

 これらの方針に沿って、一人一人の先生方が、学年団が、そして各分掌が、一年間をかけて指導にあたっていただきたい。
 もちろん校長としても、先生方の指導を縁の下で支えながら、時には前面に出ながら、強力に推し進めていきたい。

 

● 校長二年目の決意

 昨年掲げた目標は、「教師自身も成長し続ける学校」「地域とともにある学校」「保護者とともに手を携えながら子どもの教育をしていく学校」を目指す、ということであった。
 もちろん、これらのことは1年で完結する目標ということではなく、永続していく目標だと思っている。
 では、二年目は何を目指していくのか。
 それは、子どもたちの自治力の向上である。
 朝陽小学校では、これまで『朝陽のバトン』を先輩から後輩へ引き継ぐという伝統が受け継がれてきた。
 それを、一年に一度のイベントにとどめておくのではなく、日常的な自治活動を、縦割り班活動と、各学級会活動の連動を図ってより活発化させ、自分たちの力で問題を解決していく「自治力」を向上させていきたい。
 そのためにわれわれ教師がどこまで手を貸し、どこから任せればいいのか。これはしっかりお膳立てしてその通りやらせる以上に難しいことである。
 しかし、難しいと言って諦めてしまうのではなく、挑戦し続けていきたい。

 

● 2016年度重点方針

~弘前市教育委員会の方針『「個を育てる集団 集団で生きる個」を大切にした活力ある学校づくり』を受けて~

 今年度の弘前市教育委員会の学校教育指導の最重点は「学びを支える授業づくり」「学びを支える集団づくり」である。これは、本校の三つの方針としっかりリンクしている。各分掌、各学年団で戦略を練りながら、攻めの姿勢で向かってほしい。

所在地

〒036-8216 弘前市在府町36

連絡先

電話 0172-32-3647

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

小中学校一覧メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る