弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 小中学校一覧 > 千年小学校
現在の位置: 弘前市トップ > 小中学校一覧 > 千年小学校

ここから本文です。

千年小学校

校舎

 

明治9年9月9日創立

校章

校長:奈良 充生

児童数:314人  教員数:20人

教育目標

・協力し、思いやりのある子
・ねばり強く学習する子
・健康でたくましい子

学校の特色

歴史と地域性  
 

 本校は、弘前市街地の南東部に隣接する中規模周辺校である。学区は大和沢川沿いに広がる7町会からなり、西に岩木山、東に八甲田連峰、南東の阿闍羅山から南西の久渡寺の山並みが一望できる恵まれた自然環境に位置している。子どもたちは、明るく素直であり、保護者の学校教育に寄せる期待も大きく、地域の人々も協力的で、ゲストティーチャーとして学校教育に貢献している。PTA活動も活発であり、恒例となっている千年PTAまつりは大規模で毎年盛況を呈している。
 明治9年9月大和沢小学、清水森小学、磨光小学がそれぞれ開校し、大正13年3月31日、3校を合併し千年尋常小学校と改称、昭和33年4月1日大和沢小学校が独立、現在は1
40年目にあたる。

 
経営の基本方針  
 

   私たち教師の使命は,子ども一人一人の可能性や能力を十分に引き出し,生涯にわたり学習しようとする「知・徳・体」の調和のとれた児童を育てること,すなわち「未来を担う人づくり」である。また,個を生かし,生きる力と夢をはぐくむために,「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」など「生きる力」の育成に全力で取り組むことである。

  そのため,本校の教育目標「協力し,思いやりのある子」「ねばり強く学習する子」「健康でたくましい子」の実現に向け,全職員一枚岩となって教育活動に当たっていくつもりである。全職員が組織として一致団結して実践する姿は,子どもの変容を図り,学校の活力を生み,家庭や地域から信頼や協力を得ることにつながり,相乗効果をもたらすと考える。
 教師が変われば,子どもも変わる。そのためには,教職員一人一人のもつ「よさや能力」を存分に発揮するとともに,自己研鑽に努め,今より一歩前進を目指す意識が大切である。そして,子どもの話に傾聴し,心に寄り添った人間的なふれあいのある学級経営を基盤とし,「わかる・できる・楽しい」授業づくりに努めていく必要がある。授業で子どもを育てることを基本とした上で,ユニバーサルデザイン(以下「UD」という。)の視点を生かした授業づくりに努め,学ぶ喜びや楽しさ,成就感や満足感を味わわせるとともに,子どもの「よさや才能」を見つけ,それを十分に発揮させ,自己存在感や自己有用感を抱かせながら自信をつけていく。それが,学ぶ意欲を高め学力向上につながっていくと考える。
 子どものことを第一に考え,愛情をもって笑顔を絶やさずに子どもと向き合い,全職員の叡智と経験と力を結集して,笑顔あふれる千年小学校の140年目の歴史を刻みながら,しっかりと教育活動に取り組んでいきたい。
【目指す学校像】

 ◆子どもも教師も「居場所」と「出番」があり,一人一人が輝いている学校<笑顔あふれる学校>

【目指す教師像】

 ◆子どもに学びたいと思わせる技術をもち,子どもを思いやるような心とユーモアを備えた,人間性をもった教師

 

 

 
方策  
 

(1)学年・学級経営の充実……望ましい人間関係を基盤として
    ア 人とのかかわりを大切にし,温かくて安心できる学年・学級経営
    イ 協力・協同体制による学年経営と,合同学習・交換授業の推進

(2)確かな学力の向上……基礎基本の定着及び活用力の育成を目指して
    ア 個と集団が生きる「学び合い」を意識した「わかる・できる・楽しい」授業づくり

    (UDの視点を生かした授業=焦点化,視覚化,共有化)
    イ 学力向上への全校的取組(「音読と歌声」「詩の暗唱」から)
    ウ 家庭学習の習慣化

(3)豊かでたくましい心の育成……よさやがんばり,努力を「認め・ほめ・励ます」
    ア 命の大切さ,協力や思いやりなどの心をはぐくむ道徳教育や人権教育の充実
    イ 活動意欲と自信を育み,成就感・満足感を味わわせる体験活動の推進

(4)生徒指導の充実……信頼関係を基盤とした児童理解に立って
    ア 子どもの心を把握した教育相談の充実
    イ 特別な支援を要する子どもを全職員で把握,受容と信頼を根底とした指導

(5)安心・安全にもとづいた健やかな心身の育成
    ア 子どもの命を守るための安全管理・安全教育の充実及び危機管理意識の向上
    イ 健康な体づくりのための体育の授業の充実と,健康に関する教育の推進]

      (規則正しい生活リズムの確立,中休みマラソン・なわ跳びの推奨,食育の推進)

(6)学校・家庭・地域・中学校が一体となった教育の推進
    ア 家庭・地域との連携推進,基本的生活習慣及び学習態度の確立
    イ 積極的な情報発信と説明責任の遂行による,信頼され開かれた学校づくり

(7)教職員の資質の向上
    ア 服務規律の徹底及び組織的・協働的な学校運営参画意識の高揚
    イ 教育公務員としての研修と教養
    ウ 早く(新鮮なままの)ホウレンソウ(報告・連絡・相談)

所在地

〒036-8127 弘前市小栗山字川合119-7

連絡先

電話 0172-87-2012

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

小中学校一覧メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る