弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 小中学校一覧 > 東目屋中学校 > 校内研修
現在の位置: 弘前市トップ > 小中学校一覧 > 東目屋中学校 > 校内研修

ここから本文です。

校内研修

研究主題

「知識・技能の習得と深化を図るための指導法の研究」
 ~「できた」「わかった」「なるほど」から主体的な学びに向かう生徒の育成~

研究目標

 基礎的・基本的な知識・技能の習得と深化を図る効果的な指導方法について、全教育活動を通して研究する。
 

研究仮説

 生徒が「できた」「わかった」「なるほど」と感じられる授業づくりを実践することで、主体的な学びと、確かな学力の育成を図ることができる。
 

研究内容

 知識・技能の習得と深化を図るため、以下の項目について、実践をとおして研究する。
 (1)学習課題の提示・発問の工夫(本時の目標提示+α)
 (2)教師側の説明の工夫
 (3)生徒の理解の程度を確認する場面設定
 (4)生徒の理解を深化させる場面設定
 (5)自己評価の場面設定
 

研究方法

 (1)各教科の授業において、知識・理解の習得と深化を図る指導を位置づけ、実践する。
 (2)研究授業と協議(相互授業参観シート)により、他者の意見を参考に指導法の改善をする。
 (3)研究過程における話し合いにより、必要に応じ方向修正をする。(校内研修会等で)
 (4)諸検査及び授業後の生徒の感想や評価等を分析し、改善に生かす。
    ※年2回(夏休み前、冬休み前)生徒への授業評価アンケートを実施する
 (5)各種研修会、小中連携協議会、参考文献等により、必要な情報を得る。

年間計画

日(曜日) 研修内容
4
 
4日(木) 今年度の「研修計画」提示(共通理解)
23日(月)

「各教科の研究課題」作成

16日(水) 「小中連携協議会」(中学校公開授業)

7~8月

「校内研修・①」
26日(水) 「小中連携協議会」(東目屋小学校公開授業)
9~12月

「相互授業参観」(授業研究)

8日(火)

「校内研修・②」、各教科の実践発表

職員会議(校内研修の評価、評価考察と来年度計画)

中旬 「研究紀要」作成
    「校内研修支援訪問」(研究授業)社会科

 

 

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

東目屋中学校

上部へ 前へ戻る