弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 小中学校一覧 > 東目屋中学校 > 時代(とき)をつなぐ東目屋中学校「農園活動の記録」
現在の位置: 弘前市トップ > 小中学校一覧 > 東目屋中学校 > 時代(とき)をつなぐ東目屋中学校「農園活動の記録」

ここから本文です。

時代(とき)をつなぐ東目屋中学校「農園活動の記録」

戦時中(昭和17年~20年)に地区住民が開拓した共有地約40アールが現在の園地にあたるもので、終戦後に青年学級が管理を引き継いだ。(昭和20年12月19日及び昭和22年1月の青年学校実習地に関する記録が残っている。)


昭和22年4月1日の新学制実施で、小学校校舎の一部を借用して東目屋村立東目屋中学校発足。(普通教室4、職員室1、裁縫室・講堂・便所共用、5学級、生徒数259名、教員数8名)同時に桜庭地区から学校に無料で約40アールが貸与された。青年学級の記録に「土地の所有権は当地区にあるが、りんご樹は学校のものとする。」とあるから、 既にりんごの樹が植えられていたことになる。※第1回小中合同運動会(5月27日)


昭和25年5月1日 新築校舎に移転 8学級(2教室を講堂として使用)、生徒数331名 ※校章制定 12月19日、小学校校舎焼失(教室借用不能)


昭和30年4月1日に東目屋村が弘前市と合併して弘前市立東目屋中学校となる。6学級、生徒数298名。紅玉10本、国光15本、旭2本の合計27本のりんごの樹があったが、栽培技術の未熟さや薬剤散布の不備、さらには農園に対する意識の低さなどからほとんどの樹が病虫害に冒され、栄養状態も最悪の状態になっていた。その年の収穫は、国光7箱程度。その後、病虫害の防除と樹勢回復に3年間を要した。当時の農園活動は、1、2年生と3年生になって職業家庭科という科目を選択した生徒(進学しない生徒)だけで行われ、また、薬剤散布も人力に頼る噴霧器の時代だったので1日に成木5~6本しか散布できず、その苦労は並大抵なものではなかった。


昭和34年度 7学級、生徒数270名。5月7日、当時の弘前市長藤森睿氏と桜庭の佐藤市太郎氏を委任代理者とする他30名の間で、学校実習畑として正式に土地無償貸借契約を結んだ。薬剤散布用として固定式の石油発動機を購入し、生徒が大喜び。


昭和35年度 8学級、生徒数305名。生徒会誌「きよみず」創刊。この年あたりから、紅玉、国光の価格が極端に下がり、売れなくなった。一方、スターキング、デリシャスは非常に高値がつくようになり、農家では新しい品種への切り替えを始めた。


昭和43年度 6学級、生徒数241名。4月に工藤為弥校長が赴任。手余し気味のりん ご農園に新たなる姿勢を示し意欲的に取り組む。それまで、一部の保護者から「学業の方が大事だ」と廃園の声が出たり、先生方の間でも教育効果に疑問を持たれたりもした。また、生徒自身も「自分たちのりんご」という自覚がなかったので作業に熱が入らなかった。それらの意識を改革するために、6月17日発行のガリ版刷り「学校農園について」に校長の思いを載せ、教職員、生徒、保護者に訴えた。そして、全校生徒を農園活動に参加させた。

※当時、りんごの樹46本 りんごの収穫(200箱)…紅玉62箱、スター29箱、国光43箱、くず67箱


昭和44年度 6学級、生徒数224名。 「ゆきのした」第2号発行。

りんごの収穫…紅玉14箱、スター22箱、国光55箱、くず30箱


昭和45年度 6学級、生徒数209名。※「農園記録」(生徒会)発行。

りんごの収穫…紅玉4箱、スター29箱、国光44箱、くず59箱、ジャム24箱


※以後、経営状態があまりよくない状態が続いたようで、昭和46年度から昭和60年度まで冊子としての「農園記録」は発行されていないが、生徒会誌に「農園日記」または 「農園日誌」として1~2ページ掲載されている。


昭和53年度 6学級、生徒数209名。※野球部創部

生徒会誌の「農園日記」に『(PTA)農園指導部』が初めて記載される。


昭和55年度 6学級、生徒数186名。※新学習指導要領で学校裁量の時間(ゆとりの時間)が登場。学校全体で農園に取り組む体制ができ「学校農園活動計画」ができあがった。現在の原形。勤労の時間の運営(35時間)、学校農園(25時間)、花壇、一鉢運動(4時間)、環境整備(6時間)。


昭和56年度 7学級(含特殊1)、生徒数179名。農園指導の目標作成。


昭和57年度 7学級(含特殊1)、生徒数177名。勤労の時間の目標及び学年目標の作成。6月新校舎建設工事終了。8月24日新校舎へ移転。


昭和58年度 7学級(含特殊1)、生徒数159名。教員数15名。※新体育館完成

各町会ごとの校外班(たて割り)で農園活動。水曜日5.6校時と土曜日2.3校時


昭和61年度 大果市場へ75箱出荷:スター14、むつ4、王林26、ふじ31 ※16年ぶりに「昭和61年度 学校農園記録」発行 ※校長室にコピー保管


昭和62年度 つがる33本移植。パイプ埋設作業。

大果市場へ51箱出荷:スター21、むつ2、王林10、ふじ18

「昭和62年度 学校農園記録」発行(印刷製本) ※以後、毎年発行、校長室に保管


昭和63年度 学校教育目標の「実践」=勤労を尊ぶたくましい生徒を育てる=達成のための手段として農園を関連づける。農園を整備してスピードスプレーヤーでの薬剤散布が可能に。陸奥新報の教育特集「体験学習リンゴ園歳時記」が半年間(8回)連載。

樹種:つがる21、千秋1、ジョナ4、北斗20、王林30、ふじ13、むつ1、スター9、北の幸1

大果市場へ71箱出荷:スター22、王林10、ふじ39


平成元年度 弘果市場へ52箱出荷:スター20、王林13、ふじ17、むつ2


平成2年度 農園と道徳の関連をふまえた勤労奉仕等体験学習の文部省指定(2年)
「つがる」の初収穫を目前にし、異常天候でほとんどが落果、大打撃を受けた。

弘果市場へ40箱出荷:王林16、ふじ24


平成3年度 台風19号により、臨時休業(9月28日) 東目屋地区のりんご園は大打撃を受けたが学校農園は斜面にあったので最小限の被害にとどまる。りんご競市で予想以上の高値。弘果市場へ54箱出荷:スターキング10、サンつがる6、ジョナゴールド3、ふじ24、王林11


平成5年度 寄贈された苗木30本(つがる15、ふじ15)を不良樹後身に備え仮植。弘果市場へ53箱出荷:サンつがる7、千秋1、スターキング11、サン北斗10、ジョナゴールド2、王林6、ふじ16

※りんごジュースの販売に初挑戦。


平成6年度 暗渠排水工事(工事費約60万円相当)…桑田前会長、佐藤孝農園指導部長の音頭で20名の父母の協力と市教委の援助で4日間で完了。
弘果市場へ52箱出荷:千秋5、スターキング8、サン北斗8、ジョナゴールド5、王林13、ふじ13


平成8年度 文部省・農林水産省の農業教育事業の指定を受け、弘前地区農業改良普及セ ンターからの指導・助言・援助を受ける。危険を伴う作業は原則としてPTAに依頼。農園活動の時間は、土曜日の2,3校時を原則とする。
弘果市場へ67箱出荷:サンつがる17、サンジョナゴールド7、スターキング加工用15、北斗6、ふじ14、サンふじ1、王林7


平成9年度 学校創立50周年を記念して生徒会による広島県豊田郡豊中学校との農園交流開始。弘前市フロンティア21農業・農村活性化事業の支援を受ける。(2年間)
弘果市場へ30箱出荷:ふじ15(「祝」文字入りふじ含む)、王林15 ジュースの販売5年目。(使用品種はふじ、王林、ジョナゴールド、スターキング、北斗、紅玉の47箱)ジュース加工量…1ℓビン640本、1.8ℓビン20本


平成10年度 生徒会に農園委員会が発足し、班単位の作業にした結果、活動が活発化。弘果市場へ83箱出荷:スターキング9、北斗14、千秋5、王林22、ジョナゴー   ルド11、ふじ(有無袋)22


平成11年度 りんごの樹約100本。修学旅行でりんごPR活動開始。生徒1人が1本の樹を担当。校内りんご品評会。りんご新聞作成。アルミ製6尺はしご15脚購入。
弘果へ120箱出荷:祝2、つがる10、スターキング6、千秋6、ジョナゴールド13、北斗22、王林27、ふじ34
ジュース加工量…1ℓビン980本、1.8ℓビン40本


平成12年度 1人1本の樹を原則とした8グループ制、修学旅行で衆・参議員会館を訪問してりんごPR活動。コンピュータで画像処理した写真転写(絵入り)りんご作り、生徒全員参加のりんごジュースラベルデザイン、東目屋小4~6年児童73名が中学生と一緒に人工授粉、摘果、袋掛け、葉取り、収穫に参加。市フロンティア21農業・農村活性化事業援助費で草刈り機、反射シート購入。

弘果市場へ99箱出荷:スターキング10、千秋6、つがる6、ジョナゴールド6、北 斗12、王林28、ふじ31 ジュース加工量…1ℓビン972本、1.8ℓビン50本


平成13年度 学校教育目標「志を立て、自ら学び、心豊かでたくましい実践人となろう」   学校完全5日制実施、総合的な学習の時間開始:70時間(名称:アップルタイム) 立志式開始(8月24日) 修学旅行で台湾の大使館を訪問してりんごPR活動。
弘果市場へ132箱出荷:祝2、スターキング7、千秋9、つがる7、ジョナゴールド 16、北斗10、王林41、ふじ40
ジュース加工量…1ℓビン1115本、1.8ℓビン60本


平成14年度 修学旅行で東京都江東区ジャスコ南砂町店、3年女子4名が初めてりんご販売を体験。PTA農園指導部が青森県「いのち育む」食の体験学習功労者で表彰。

弘果市場へ189箱出荷:祝3、スターキング7、千秋5、つがる8、ジョナゴールド 25、北斗23、王林46、ふじ72

ジュース加工量…1ℓビン1223本、1.8ℓビン55本


平成15年度 校務分掌として「農園指導部」創設 修学旅行で農林水産省と品川区立浅間台小学校を訪問し、りんごPR活動。第1回りんご学習発表会。第3回青森県農林水産業体験・食教育活動コンクールで最優秀賞。

弘果市場へ152箱出荷:スターキング2、千秋7、つがる5、ジョナゴールド38、 北斗20、王林31、ふじ49

ジュース加工量…1ℓビン1287本、1.8ℓビン56本


平成19年度 修学旅行で浅草においてりんごPR活動。朝日新聞社主催「第9回朝日のびのび教育賞」受賞。「ほたるの会」の支援を受ける。

弘果市場へ124箱出荷:スターキング1、千秋6、ジョナゴールド21、北斗25、 王林20、ふじ51

ジュース加工量…1ℓビン517本、1.8ℓビン23本


平成24年度 新学習指導要領完全実施。※キャリア教育の開始。22年度から総合的な学習の時間の農園活動の時間が50時間に縮減。修学旅行でりんごPR活動(早稲田商店街)実施。学校で作った雪室りんご(山福アップルのセンサーを通過したものだけ)を配付したが芯かびが出ていたものもあり、弘前りんごのイメージを壊す恐れを感じた。

※県りんご品評会で前年度に続いて「団体の部銅賞」※りんごPR活動功績で市長表彰
各品種の収穫量:ジョナゴールド18、北斗2、王林22、ふじ50 計92
弘果市場へ52箱出荷:王林11、ふじ24、ジョナゴールド17

ジュース加工量…1ℓビン295本  ※りんごの樹約50本


平成25年度 JAつがる弘前河東支店から提供された10kg入り10箱分のりんご(360個)を修学旅行1日目(4月10日)に浅草国際通り商店街でPR活動・無料配付。西目屋中1年生(7名)、東目屋小5.6年児童(33名)と人口授粉作業で交流(5月28日)。豪雪の影響でりんごの樹の枝折れが目立ったので収量減が予想されたが、実際は収量増。

各品種の収穫量:ジョナゴールド13、北斗2、王林115手籠、ふじ75

弘果市場へ54箱出荷:王林15、ふじ26(最高値ふじ15,000×4箱)、ジョナゴールド13箱

ジュース加工量…1ℓビン456本
 

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

東目屋中学校

上部へ 前へ戻る