弘前市
現在の位置:相馬地区トップ > 相馬人のアルバム > 水木在家町会

水木在家町会

水木在家

長い歴史の中で桜井玄蕃の館(1187年)の設置や、長慶天皇の東の守護神として軍事方水木兵部尉堅正が護衛にあたったとされている水木在家。
現在は「四季を楽しむ複合リゾート施設」星と森のロマントピアそうまやロマントピアスキー場が立地する、相馬地区屈指のレジャー地の顔も持ちます。

 

隆穗(たかお)さん

隆穂さん

 

日々感じていることや、相馬の自慢をお願いします。

「エビのつりぼり」がある相馬エビ等養殖施設を手掛けて長くなるが、最近は全国に弟子ができて出迎えるのが楽しみ!エビのつりぼりにも遊びに来てね!

相馬地区は昔からの歴史や文化があるところが自慢。相馬地区には、長慶天皇にまつわる伝説や遺構がたくさんある。
フクロウも自慢の存在。畑のネズミを捕ってくれたり、懐いてくれたりする。

相馬地区にはこうなってほしい!

独身の所帯が増えているのが問題と感じている。相馬地区にお嫁さんがたくさん来てくれると嬉しい。

上部へ 前へ戻る