弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 百石町展示館 > 指定管理者制度
現在の位置: 弘前市トップ > 百石町展示館 > 指定管理者制度

ここから本文です。

指定管理者制度

指定管理者制度とは

 


地方自治体が公共施設の管理・運営を、民間企業が蓄積したノウハウを取り入れることで、サービスの向上を実現しつつコストを削減することを目的に、指定する民間の指定管理者に代行させる制度のことです。

この制度の導入に伴い、平成18年4月より弘前市の指定を受けて、NPO harappaが、百石町展示館の管理業務を行っております。

 

 

NPO harappaについて

 

 

 

景山正夫写真展   ギャラリーワゴン

 

 

Mostly Concert

 

 

 

2002年8月4日から9月29日まで、弘前市吉野町の煉瓦倉庫で「奈良美智展 弘前」が開催されました。煉瓦倉庫の佇まいと奈良美智の作品をこよなく愛する人々が、会場作りから始まるすべての運営をとり行い、全国各地から58,724名もの来場者を迎えることが出来ました。それは、公立の美術館ではなしえないアートの空間でした。

 

 

ならよしとも展示会 集合写真

 

 

ハラッパという名前は、青森県立美術館の設計者である青木淳氏の論文「原っぱと遊園地」に由来しています。私たちは、人工的に作られた遊園地ではなく、「原っぱ」において、自由に遊び、行動し、思いっきりアートの世界に浸りたい。弘前市吉野町の煉瓦倉庫は、私たちが思い描く「原っぱ」の原風景であり砦です。そこで私たちは、心の原風景である煉瓦倉庫を拠点としつつ、ここに留まることなく、しなやかな心と体を駆使してアートの豊かな世界を創出し、広く市民とともにそのアートの放つ豊かな世界観を享受することを目的として、NPO harappaを設立いたしました。

 

 

 

エートゥーゼット エートゥーゼットメモリアルドッグ

 

 


 

 

自主事業 project

 

 

当館の展示室が空いた日を利用して、NPO harappaが企画した催し物を開催しております。

 

 

平成28年度

弘前城 悠久の桜 2016景山正夫写真展

 

平成27年度

弘前城 悠久の桜 2015景山正夫写真展 

 

平成26年度

永野雅子写真展 ターニングポイント

 

平成25年度

景山正夫写真展 3つの軌跡

 

平成24年度

「私の城下町 弘前(ひろさき)」 手拭いコレクション展

 

平成23年度

書にたくそう!築城400年への想い

 

平成22年度

harappaトークセッション アオモリアートの楽しみ方

 

平成21年度

永野雅子トークセッション「弘前の記憶」

 

平成20年度

硝子語り Stories of Glass 間山ふみこ作品展

 

平成19年度

D・ホックニーと“ポップ・アート”の時代

 

平成18年度

山内マスミ展「緑町14-2 036-00」

 

永野雅子写真展 旅はつづく

問い合わせ先

担当 百石町展示館

電話 0172-31-7600

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

百石町展示館

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る