ひろさき100ストーリーズ
トピックス
動画コンテンツ(Youtubeチャンネル)
写真コンテンツ
メディアチャンネル
弘前PR応援サポーター
シティプロモーションについて シティプロモーションブック
facebook twitter youtube

桜の管理「弘前方式」

【STORY85】桜の管理「弘前方式」

sakuramori.jpg

弘前公園の桜が美しいのは、りんご栽培で培われた技術があってこそ。

日本一のりんごのふるさと弘前市には130年を超えるりんご栽培の歴史に裏付けられた、日本一の技術が引き継がれています。りんご栽培の最も重要な作業のひとつに「剪定」があります。

この剪定と施肥、施肥、薬剤散布という「弘前方式」の三つの基本に、根の病気に対する積極的な外科手術、幹から伸びる不定根の保護、そして土壌改良という新たな管理技術を加え、弘前方式は進化してきました。

これにより、本来寿命60年ともいわれるサクラが、100年を超えてもなお、見事な花を咲かせています。この管理方法は、全国の手本ともなり、数多くの桜の管理者がその技術を学ぼうと弘前を訪れています。

弘前公園のさくらは、約50品種、2600本。ソメイヨシノを中心にヤエベニシダレやシダレザクラなどが咲き誇ります。園内のサクラは、ソメイヨシノの場合、樹齢100年を超えた老木でも1つのツボミから咲く花の数が5個から6個と多いのが特徴です。満開の枝をじっくり眺めてみると花にボリュームがあり、優美な桜は日本一の徹底した管理から生まれていることがわかります。


hirosakicity_banner.jpg 

 

 

20160805180425.jpg

 

20170113112614-74230c6c726396f3eb1e744fc1b036b7b89042fb.jpg

 

takamarukun_s.gif

 

ringokingdom_180.jpg

 

power_apple.jpg

 

社団法人弘前観光コンベンション協会

 

ひろさき街歩き

 

岩木山観光協会

 

kougei.jpg

 

bussan_banner.gif

tsugarunavi_banner.gif

CNT00704052106556405_banner.png

弘前商工会議所