弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 計画・取り組み > 近代建築ツーリズムネットワーク
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 計画・取り組み > 近代建築ツーリズムネットワーク

ここから本文です。

近代建築ツーリズムネットワーク

日本の近代建築の旗手で、ル・コルビュジエに師事した前川國男の建築物を文化交流拠点として利活用している8自治体により、「近代建築ツーリズムネットワーク」を設立しました!

 

※平成29年2月1日 キックオフイベント集合写真

 

近代建築ツーリズムネットワークとは

目的

ル・コルビュジエ建築群の世界遺産登録を契機とし、前川國男が建築した公的施設の公開・開放を効果的・効率的に推進していくため、各地域が持つノウハウ・人材や共通ツール、イベントを活用し、前川建築を含む国内の近代建築の観光資源化を促進、需要を創造していきます。

 

構成団体

平成28年度加入

 埼玉県、東京都、神奈川県、岡山県、熊本県、新潟市、福岡市、弘前市(事務局)

平成29年度加入

 沖縄県石垣市

 

 

取組内容

平成28年度

・共通PRツールの作製

・戦略策定に向けた基礎調査

・キックオフイベント

 

平成29年度以降実施予定

・前川建築をはじめとする近代建築を活用した誘客に繋がる事業の研究

・参画自治体間ネットワークを活かし、前川建築をはじめとする近代建築をPR

・シンポジウム等において、当ネットワーク活動の理解醸成

・ボランティアガイドの育成

・商品造成に向けた調整 ほか

 

近代建築ツーリズムネットワークの活動についてPDFファイル(943KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

近代建築ツーリズムネットワーク共通PRツール

ロゴ・キャッチフレーズ

ロゴ・キャッチフレーズについてPDFファイル(562KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

ポスター

埼玉県

 

東京都

 

神奈川県

 

岡山県

 

熊本県

 

新潟県新潟市

 

 
福岡県福岡市 青森県弘前市  

 

弘前市の前川建築

弘前市では、前川國男がル・コルビュジエのもとで学んだ後、帰国し最初に手掛けたデビュー作品である「木村産業研究所」から、晩年作品である「弘前市斎場」まで8作品が現在も使用されており、景観重要建造物等として市民や観光客に魅力を発信してきました。

 

 

木村産業研究所

 

弘前中央高校講堂

 

弘前市庁舎

 

弘前市民会館

 

弘前市立病院

 

弘前市立博物館

 

 
弘前市緑の相談所 弘前市斎場  

問い合わせ先

担当 都市政策課

電話 0172-35-1134

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市政情報メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る