弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 小中学校一覧 > 弘前市立常盤野小中学校
現在の位置: 弘前市トップ > 小中学校一覧 > 弘前市立常盤野小中学校

ここから本文です。

弘前市立常盤野小中学校

常盤野小中

 

昭和27年 3月31日創立

常盤野小校章

校 長 : 蔦 川 俊 之

児童・生徒数 : 小学生5人、中学生3人

教員数 : 8人

教育目標

(小学校)

すすんで考える子
心豊かな子
たくましい子

(中学校)

自ら学ぶ生徒

人間性豊かな生徒

たくましい生徒

学校の特色

●学区の概況 
 常盤野は、青森県の南西、弘前市西部の津軽国定公園の中にあり、空気清涼にして緑豊かな地区である。中心部となる嶽温泉は、今から340年前に発見されたといわれている。北は岩木山、西は西津軽郡鰺ヶ沢町、南は西目屋村に接し、標高450メートル、いわゆる嶽高原の中心部にあたる。学校のすぐ近くには、岩木青少年スポーツセンターの施設やグランドがある。
 学区は、嶽農場・嶽・湯段・瑞穂・羽黒・枯木平の6地域からなっていて、戸数は約80戸、弘前へはおよそ20キロメートルという地点にある。「嶽」の愛称で親しまれるこの地は、風光明媚、出湯また良しという自然環境に恵まれ、且つ人情豊かで、春は水芭蕉の花が咲き山菜の宝庫となり、夏は霊峰岩木登山や高原のキャンプ生活に涼と憩いを求めるのに最良の場所となる。秋は嶽キミの最盛期となり、紅葉に加えきのこも豊富にとれる。冬は霊峰岩木山のもと、スキーによって足腰を鍛えるには格好の地である。
 学区外ではあるが、百沢へ向かう途中に岩木山総合公園があり、テニスなどのスポーツ教室に通っている子どももいる。
●教育理念 
 子どもたちが自己の在り方を見つめ、自らを律し、他と和して共生し、夢と希望を持って自らの人生をたくましく創造的に切り拓いていくことがわれわれの変わらぬ願いである。
 人は生涯にわたり、自己実現をめざして自らの人生を創造し学び続け、生涯をかけて「なりたい自分」になる。夢と希望を持ち、なりたい自分を思い描くことは、指標となり、よりよく生きる大きな力となる。学校は、子どもたち一人一人がその実現をめざして、よりよく生きるために必要な能力と態度を育成する場であり、ともに育つ場である。 
●学校運営の方針 
  学校運営究極のねらいとするところは、将来にわたって常盤野小中学校の児童生徒であることの何物にも代え難い充足と愛着と矜持を持つことであり、この学校でともに過ごし、ともに学び、ともに育ってよかったと、子どもも保護者も心より思えることである。このことは生涯にわたって子どもたちの伸びと育ちを下支えする豊かで力強い基盤ともなろう。
 我ら、営々と築かれてきた本校の学校文化を伝承し、互いに資質を高め合う同僚性のもと、本校の教師文化を醸成し、本校だからこそできる教育を積み上げ、子どもたち一人一人の人格の陶冶をめざす。 
● 指導の方針 
(1)均衡のとれた「望ましい学力」を身に付け、よく学び考える子を育むため
 ・児童生徒一人一人に確実に学びを保障する「わかる授業」の推進
 ・向上意欲につながる目的意識に支えられた学習意欲の向上。
 ・よりよく考え、判断し、表現できる「能力」の育成。
(2)人間性豊かな子を育むため
 ・道徳性の涵養と社会的自己指導力の育成
 ・健全な自尊感情と自己実現感の育成
 ・豊かな感性と情操の涵養
(3)健やかでたくましい子を育むため
 ・運動に親しむ資質や能力の育成と体力の向上
 ・健康と食に関する知識を有し、実践できる態度の育成

所在地

〒036-1345 常盤野字湯の沢45-4

連絡先

TEL:0172-83-2047  FAX:0172-83-3085

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

小中学校一覧メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る