弘前市
現在の位置:相馬地区トップ > 弘前市地域おこし協力隊

弘前市地域おこし協力隊

地域おこし協力隊とは?

人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、その定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした取り組みです。これは、総務省の特別交付税措置の対象事業となっており、全国的に平成21年度から行われている制度です。

 

相馬地区の地域おこし協力隊員は、平成27年7月に委嘱された神奈川県から移住の米山 竜一(よねやま りゅういち)さんの1名です。(平成28年10月現在)

弘前市地域おこし協力隊設置要綱(PDF)PDFファイル(111KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

Kyouryokutai

平成28年8月30日~9月1日にかけて、地域おこし協力隊が主催した「相馬地区 伝統行事ツアー」にて。
ツアーに参加してくれた大学生たちと一緒に。米山さんは中央下。

 

地域おこし協力隊の配置について

当市では、平成27年5月から地域活力の維持・強化を図るために「地域おこし協力隊受入事業」に取り組んでいます。協力隊員としての活動は、地域行事やコミニュティ活動の支援、地域資源の発掘、地域の広報活動、農林業の振興に関する活動などを予定しており、これらの活動をとおして、相馬地区、更には弘前市が持つ魅力を全国に発信し地域を盛り上げていきます。

 

隊員の紹介

 

 

弘前市地域おこし協力隊の活動通信はコチラから

上部へ 前へ戻る