弘前市
現在の位置:相馬地区トップ > 活動通信 > 【実施報告】そうまdeポタリング~夏~りんごの実すぐりライド

【実施報告】そうまdeポタリング~夏~りんごの実すぐりライド

実施報告】そうまdeポタリング~夏~りんごの実すぐりライド

夏の岩木山とりんご園

 地域おこし協力隊の北野です。去る7月7日(日)、サイクル・ツーリズムによる地域振興を目的に、相馬を自転車でぶらぶら散策するポタリングを開催しました。

 

 森の息吹と緑の勢いを感じながら参詣森を越え岩木川沿いをゆったり下る、清涼感ある夏らしい路が今回のルート。3種を飲み比べる利きりんごジュース、農家のお母さん謹製“紅玉たっぷりのりんごパイ”、りんごジュースで煮込んだ野菜ゴロゴロ成岩食堂のカレーなど、この地ならではの食べる楽しみも満載。「そうまdeポタリング」は、りんごの成長を三季にわたって見届け、おいしい理由(わけ)を探る体験型ツアーです。参加者のみなさんは、今回の実すぐり体験を通じりんごがおいしい理由を見つけられたかな?

 

 昨秋のモニターツアーこのリンクは別ウィンドウで開きます今春のお花見ライドこのリンクは別ウィンドウで開きますに続き3回目の今回も、地域おこし協力隊がサイクリング・ガイドを務め、この季節ならではの相馬のいいところをお客様にご案内しました。地元に密着した温もりが感じられるサイクリング・ツアーになっていたらいいなぁ、と思うばかりです。

 

【集合は「相馬やすらぎ館このリンクは別ウィンドウで開きます

やすらぎ館集合

 梅雨はどこさ行った?この日も絶好のサイクリング日和、日差しは強いが走りだせば爽快そのもの!岩木山も雲を日よけにしてしまうほどの”晴天“が我々を迎えてくれました!

 

 集合は、前回に引続き相馬の中心“五所”にある「相馬やすらぎ館このリンクは別ウィンドウで開きます」。相馬へは、自家用車や路線バス、マイ自転車による自走など、各々のライフスタイルにあった交通手段でアクセス可能。到着後、サイクリング・ガイドと一緒に各自の自転車をチェック。全員揃ったところで目的地、走行ルート、距離、所要時間、ハンドサイン、今回の見所と留意事項を確認してから“りんごの里”へ出発しました。

 

【五所~参詣森~東目屋】

 いざりんごの里へ!相馬のいたる所にりんご園。りんごは非常にデリケートな果物なため、それを運ぶための農道はよく整備されているのだとか。その農道を拝借してぶらぶらと自転車で繰り出す。

 

<約2.4km続くラベンダー・ロード

ラベンダーロード

 走りだしてまず目に飛び込んできたのは、この季節に満開の花が咲くラベンダーと相馬名物林檎の街灯。林檎のガードレールは県内のいたる所で見かけるが、この街灯は相馬でしか見たことがない・・・。

 

<緑あふれる参詣森へ>

参詣森

獲得標高160mの山越え。今回の山場は前半、身も心も元気なうちにアタック。

 

<参詣森の頂上>

参詣森頂上

 道路際は緑の勢いが止まらない。標識が見えたら頂上はすぐそこ、登りきったところで一休み。リフレッシュした後は東目屋方面へ下るのみ。

 

 

<参詣森を越えて

岩木山を背景に

 杉が生い茂る森をぬけると雄大な岩木山が待っていた。眼下に広がるのはりんご園。あとは下るだけと知り顔がゆるんだところで、ハイチーズ。このあたりまで来ると岩木山がいつもよりひとまわり大きい。

 

<ゆったり流れる岩木川

岩木川

思わず覗き込んでしまうほど澄き通った岩木川、水の流れに癒される

 

杭止堰(くいとぜき)このリンクは別ウィンドウで開きます

岩木川の堰

堰を流れる水の音、向かいの深い森からはホトトギスの鳴き声が。脚をとめ、しばし夏を感じる。

 

 

【東目屋~相馬の玄関:湯口~五所】

<林檎の森に到着>

林檎の森に到着

 

 

<岩木山とりんご園を背景に>

岩木山とりんご園

 

 

<この季節ならでは!実すぐり体験>

実すぐり体験

初めての実すぐり、こんなに捨てちゃうの~(驚嘆!)

実すぐり前 実すぐり後  
実すぐり前 実すぐり後  

 

【脚休めのお楽しみ】

無添加ストレートの利きリンゴジュース

利きりんごジュース

 今回は中級編「ジョナゴールド、サンふじ、トキ」の3種。紅玉ほどではないけれど酸味際立つジョナゴールド、酸甘ベストバランスのサンふじ、甘さ際立つトキ。全国区になりつつある“トキさん“ですが、中には生果を食べたことがない方も・・・。みなさんのお好みはどれかな?

 

 

りんご農家のお母さん謹製紅玉のりんごパイ

りんごパイ

 この日のために特製レシピで焼かれたのは、この季節にしては珍しい“紅玉”!これでもかっ、というくらいリンゴたっぷりな素朴なパイをいただきました。

 

 相馬といえばリンゴ!生果のないこの季節でも加工品は豊富だ!「林檎の森このリンクは別ウィンドウで開きます」にて絶賛販売中、売り切れ前に是非お試しあれ。

 

 

お昼はりんごジュースで煮込んだカレー

 相馬の台所成岩食堂このリンクは別ウィンドウで開きますの大広間にて、にんじん、ジャガイモがゴロゴロ入った昔ながらの懐かしいカレーをいただく。この日のためにりんごジュースで煮込まれたちょっと甘めのカレーは、メニューにはない相馬の味だ。(写真なし)

 

 

【当ルートの休憩処「林檎の森このリンクは別ウィンドウで開きます」】

林檎の森

 相馬の出入口に位置する「林檎の森」。食事処とトイレを完備するJA相馬村の直売所。この季節は、ところ狭しと並べられている露地物の夏野菜果物がお勧め。

 

バイクラック

 バイクラックに加えて、高圧空気入れ(仏米英バルブ対応)と簡易工具を配備。レジにて貸出しているので是非ご利用を。アップルロードをサイクリングする際の立寄り処としてもお勧めです。

 

【レンタルバイク】

レンタルバイク

「そうまdeポタリング」開催時はレンタルバイク完備。クロスバイクを乗ってみたい方も、ママチャリしか持っていない方も参加OKです。(※申込時に予約が必要です。予約がいっぱいになったときにはご了承ください。)

 

【ポタリング拠点としての「相馬やすらぎ館このリンクは別ウィンドウで開きます」】

 今回の発着地は、相馬の中心“五所”にある弘前市相馬庁舎(愛称 相馬やすらぎ館)。平成25年3月にオープンした複合施設で、支所の隣に御所温泉このリンクは別ウィンドウで開きますを合わせ持つ。

 駐車場も広いので車で来てもよし、弘南バス相馬線の終点なのでバスで来るもよし。「そうまdeポタリング」は、バスで来ても参加できるよう、到着時刻にあわせて8:30集合です。ポタリングの後は、ゆったりと温泉で汗を流してお帰りください。今回の参加者の方々は、既に相馬の楽しみ方をご存知のよう、うれしい限りでした。

 

 

【今回のルート】

ルート名:相馬りんごの実すぐりライド (約21km)

概要(ルートラボ):https://yahoo.jp/gt-kYEこのリンクは別ウィンドウで開きます, PDF: コース図添付PDFファイル(714KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

前半に山を越え、その後はゆったりと岩木川沿いを下る。緑あふれる木々の香りと川面のきらめきが涼感をもたらす今回のルートは、まさにまさに夏のルート。

 

次回の秋はどんな体験が待っているのか?またのお越しをお待ちしています。

以上

上部へ 前へ戻る