弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 鳴海要記念陶房館
現在の位置: 弘前市トップ > 鳴海要記念陶房館

ここから本文です。

鳴海要記念陶房館

鳴海要記念陶房館の新着情報

2020年10月14日 展示のご案内鳴海要記念陶房館

鳴海要記念陶房館トップページ

 ようこそ鳴海要記念陶房館へ

 ギャラリー棟左正面

 

鳴海要生誕100年記念事業

1920年、岩木町(現弘前市)に生まれた鳴海要は、人間国宝の加藤土師萌に師事して陶芸を学び、帰郷後は半農半陶の精神でりんご釉の陶芸家として多くの作品を作りました。ひたむきに取り組む要を慕って、集まった地元の人たちは、現在も陶房館に集うなど地域の文化活動にいそしみ、その精神を受け継いでいます。

生誕100年の本年10月に、次の通り講演会等を開催しますのでご観覧ください。

 

記念講演会  (終了しました)

日時:令和2年10月4日(日)14時~16時

会場:中央公民館岩木館(2階大ホール)

内容:講演1「半農半陶から半陶半集へ」

       五十嵐雅幸さん(元岩木町鳴海要記念陶房館整備担当)

   講演2「鳴海要が津軽の陶芸界に残したこと」

       小山陽久さん(陶芸家、津軽千代造窯主宰)

 

鳴海要陶芸展

日時:令和2年10月1日(木)~10月31日(土)9時~16時

会場:鳴海要記念陶房館(ギャラリー)

内容:生誕100年を記念して選りすぐりの作品を展示します。

入館料:ギャラリーは無料。ただし、常設展示は有料。

 

 

重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染防止対策のため、入館にあたっては以下の点にご留意くださるようお願いします。

・発熱・咳・全身痛などの症状がある方や、体調に不安のある方は、ご来館をお控えいただくようお願いします。

・入館の際は、消毒液のご使用とマスクの着用にご協力くださるようお願いします。

・3密防止のため、場合によっては入場制限する場合があります。

 

 

はじめに


設立にあたって


りんご釉


鳴海要作陶のあゆみ

 

施設のご紹介


施設概要
窯場(津軽窯)
鳴海要陶房
ホール・展示室


INFORMATION

入館料のご案内

 

展示のご案内


常設展示


ギャラリー展示

 

 

交通のご案内

 

周辺マップ


交通機関のご案内

リンク

 

 ・弘前市立博物館
弘前公園内にあります。弘前藩に関する歴史資料などを紹介しています。
 

ご意見・お問合せ

 

展示内容・当ホームページに関する質問など、電話・電子メールでお問い合わせください。

 

電話
0172-82-2902

 

電子メールアドレス
toboukan@atlas.plala.or.jp

 

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

鳴海要記念陶房館

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る