弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 大太刀・大薙刀
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 大太刀・大薙刀

ここから本文です。

大太刀・大薙刀

【市指定有形文化財】

 

 

大太刀(大小揃のうち大)
よみがな
おおたち
員数
1口
文化財の概要
銘表「平安城住藤原國路作」
 裏「慶長拾六年八月吉日」
樋中奉納寄進銘
 表「奉篭奥州津軽平川郡八幡宮霊剣」
 裏「津軽越中守藤原信牧朝臣」
刃長107.8センチメートル、茎長35.3センチメートル、
反り5.1センチメートル、元巾5.0センチメートル、
先巾3.8センチメートル
指定年月日
昭和39年6月5日
所在地
弘前市大字八幡町一丁目
所有者・管理者
弘前八幡宮
表裏に棒樋(ぼうひ)を彫り、(なかご)にてかき流し、その棒樋中に前期の寄進銘を切っている。
作者は京都の住人藤原国路で、新刀期最高の巨匠である堀川国広の高弟である。
 
 
大太刀(大小揃のうち小)
よみがな
おおたち
員数
1口
文化財の概要
銘表「奥州津軽城下弘前住森宗」
 裏「文化元年二月吉日
森宗八代之孫橘繁宗模作之」
刃長82.5センチメートル、茎長27.3センチメートル、
反り1.5センチメートル、元巾3.8センチメートル
先巾2.9センチメートル
指定年月日
昭和39年6月5日
所在地
弘前市大字八幡町一丁目
所有者・管理者
弘前八幡宮
刃文小乱れ交りの直刃、作者は寛政年間(1789~1801)頃の刀匠の繁宗で、先祖森宗の作刀を模して作ったものではあるが、繁宗作刀中最高の刀である。
 
 
大薙刀
よみがな
おおなぎなた
員数
1口
文化財の概要
銘表「平安城住藤原國路作」
 裏「慶長拾六年八月吉日」
樋中奉納寄進銘
 表「奉篭八幡宮霊剣」
 裏「藤原信牧朝臣」
指定年月日
昭和39年6月5日
所在地
弘前市大字八幡町一丁目
所有者・管理者
弘前八幡宮
刃長91.2センチメートル、茎長1メートル、全長205.2センチメートルにも及ぶ大薙刀である。大太刀と作者は同じ「平安城住藤原国路」である。
 
 

問い合わせ先

担当 文化財課(文化財に関すること)

電話 0172-82-1642

※ 施設見学やイベントについては、所有者・管理者へお問い合わせください。

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る