弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 健康 > たばこと健康 > たばこの煙にも「PM2.5」が含まれるって本当ですか?
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 健康 > たばこと健康 > たばこの煙にも「PM2.5」が含まれるって本当ですか?

ここから本文です。

たばこの煙にも「PM2.5」が含まれるって本当ですか?

本当です。

近年、中国の大気汚染により、日本へ飛散してくる「PM2.5」がニュースになっていますが、日本の場合、たばこの煙に注意することが大切です。

 

PM2.5は、直径が2.5mmの1000分の1未満の微小粉塵のことで、肺の奥の肺胞まで入り込み、ぜんそくやCOPD(慢性閉塞性肺疾患)を悪化させ、心筋梗塞や重症不整脈を誘発させます。

そのため、PM2.5が増えるほど死亡率が増えることが明らかになっています(WHO Air quality guideline改訂版(2005年)より)。

 

「PM2.5」は、たばこの煙にも含まれています。

特に室内や車内で喫煙すると、非常に高い数値となり、環境基準をすぐに超えてしまいます。

 

子どもや妊産婦の前での喫煙には特に配慮が必要です。

(環境省のPM2.5環境基準はこちら)

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

健康と福祉メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る