弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 日本基督教団弘前教会教会堂
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 日本基督教団弘前教会教会堂

ここから本文です。

日本基督教団弘前教会教会堂

日本基督教団弘前教会教会堂

【県重宝】

 

 

 

 
よみがな
にほんきりすときょうだんひろさききょうかいきょうかいどう
員数
1棟
文化財の概要
木造、一部二階建、鉄板葺、建築面積238.04平方メートル
指定年月日
平成5年7月19日
所在地
弘前市大字元寺町
所有者・管理者
日本基督教団弘前教会
 
明治8年に横浜から帰弘して東奥義塾々長となった本多庸一は、一緒に来弘したジョン・イングと共に弘前公会を設立する。現在の教会堂は、明治37年焼失の教会堂に代わり、明治39年12月に完成、翌40年8月に献堂式が行われたものである。
設計は、弘前学院外人宣教師館(国指定重要文化財)の設計者とも伝えられるクリスチャン棟梁、桜庭駒五郎による。
全体はフランスゴシック風の双塔形式で、白のオイルペイントで仕上げ、四方に控柱を設ける。ドリップストーンの付いた窓は尖塔アーチとして、上部をトレサリーで飾っている。礼拝堂は、内部天井を大きく折り上げるため、合掌の途中で陸梁(ろくばり)を架けた変則のキングポストとし、レリーフで飾られたメダイオンが白漆喰に映えて美しい。弘前における明治洋風建築の秀例である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る