弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 三尊仏及びその厨子堂
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 三尊仏及びその厨子堂

ここから本文です。

三尊仏及びその厨子堂

三尊仏及びその厨子堂

【県重宝】

 

 

 
よみがな
さんぞんぶつおよびそのずしどう
員数
1棟
文化財の概要
 
指定年月日
昭和32年1月11日
所在地
弘前市大字西茂森一丁目
所有者・管理者
長勝寺
 
この仏像は、百沢寺(ひゃくたくじ)大堂(岩木山神社拝殿、国指定重要文化財)の本尊として二代藩主信枚が慶長15年(1610年)に寄進し、厨子は本尊安置の御宮殿として寛永15年(1638年)三代藩主信義が建立したと伝えられる。
三尊仏は、岩木山三所大権現(さんじょだいごんげん)本地仏(ほんじぶつ)として祀られたもので、中央峰岩木山=阿弥陀如来、東峰巌鬼山=十一面観音、西峰鳥海山=薬師如来となり、三体とも木造割矧造(わりはぎづくり)、胡粉箔仕上げとなっている。
厨子は方一間、入母屋造木瓦(きがわら)葺で組物は三手先詰組、軒は二軒(ふたのき)で垂木は扇垂木(おうぎだるき)である。背面を除く三面を龍や唐松の彫刻で飾り、桟唐戸にも迦陵頻伽(かりょうびんが)などの彫刻を張り、全体を極彩色に塗っている。
明治初年、神仏分離により長勝寺禅堂に移された際、厨子の屋根が切断された。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る