弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 十一面観世音立像
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 十一面観世音立像

ここから本文です。

十一面観世音立像

十一面観世音立像

【県重宝】

 

 

 

 
よみがな
じゅういちめんかんぜおんりゅうぞう
員数
1躯
文化財の概要
 
指定年月日
昭和33年6月25日
所在地
弘前市大字新寺町
所有者・管理者
袋宮寺
 
寄木造漆箔彫眼で像高595センチメートル津軽地域最大の近世彫刻である本像は、奈良長谷寺の十一面観音像の伝統を追ったもので、地元では「背高観音」の別名で呼ばれている。
正確な構造分析は未完だが、前後の(わり)()ぎではなく体躯本体の上部と下部を接合し、背面と左右の腕などを()ぎ付けているように思われ、これだけの巨像であれば当然であろう。ちなみに両脚部の周囲は約330センチメートルである。
延宝5年(1677年)に藩主信政の命で制作されたといい、『永禄日記』に同年8月に無量院観音堂建立が記されていることから事実であろう。また、制作者には江戸を代表する仏師松雲元慶(1648~1710)の伝承もある。
当寺では随時参拝が可能である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る