弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 津軽信政着用具足
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 津軽信政着用具足

ここから本文です。

津軽信政着用具足

津軽信政着用具足

【県重宝】

 

 

 

 
よみがな
つがるのぶまさちゃくようぐそく
員数
1領
文化財の概要
 
指定年月日
昭和31年5月14日
所在地
弘前市大字高岡
所有者・管理者
高照神社
 
四代藩主信政の召領で、没後の正徳元年(1711年)に五代藩主信寿が高照神社に奉納したものである。信政の治世は明暦2年から宝永7年(1656~1710)まで50年余に及び、教育と殖産興業に力を尽くし、また、武具類も新旧修理を加えて武庫に格納するなどした。
この具足は、胴は黒割小札(くろわりこざね)を紺糸で(おど)し、草摺(くさずり)は七間、大袖と菱縫を褐色(かちいろ)で威す。兜は三十八間四方白筋兜で三条の鎬垂(しのぎだれ)前立(まえたて)は金鬚の龍頭、脇立は四ツ股鹿角で窪みに沈金を施し、吹返(ふきかえし)には津軽家家紋の牡丹の丸紋金物を据えている。兜の鉢は鎌倉時代の明珍(みょうちん)左近大夫宗政作のもので、その他は江戸時代中期の作である。 
 
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る