弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 高照神社奉納額絵馬
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 高照神社奉納額絵馬

ここから本文です。

高照神社奉納額絵馬

高照神社奉納額絵馬

【県有形民俗文化財】

 

 

 
よみがな
たかてるじんじゃほうのうがくえま
員数
54枚
文化財の概要
 
指定年月日
平成2年8月3日
所在地
弘前市大字高岡
所有者・管理者
高照神社
 
高照神社は宝永7年(1710年)に死去した四代藩主信政の廟所にはじまり、藩によって維持された。絵馬は五代藩主信寿が享保13年(1728年)に奉納したのを皮切りに52枚が藩政時代のもので、明治時代のものが2枚ある。奉納者別では25枚が藩主と家族、黒石津軽家当主の奉納で、これらは額の上部が山型をなし、他は奉納者不詳を含めて藩重臣の奉納と考えられる。最初に奉納された信寿奉納絵馬が縦160センチメートル、横194センチメートルで最大だが、他も大絵馬である。確認できる作者は江戸定府のお抱え絵師や幕府表絵師等で、質、量ともに津軽地方に残る絵馬としては群を抜いている。藩政期の信仰と絵画芸術を知るうえで貴重である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る