弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 津軽神楽
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 津軽神楽

ここから本文です。

津軽神楽

津軽神楽

【県無形民俗文化財・記録作成等の措置を構ずべき無形の民俗文化財(国選択)】

 

 

 
よみがな
つがるかぐら
員数
1件
文化財の概要
 
指定年月日
昭和51年12月25日
所在地
弘前市大字常盤坂二丁目
所有者・管理者
津軽神楽保存会
 
津軽神楽は、堰神宮(藤崎町堰神社)の神主堰八豊後守安隆が、正徳2年(1712年)から同4年まで、江戸・京都で神楽を研究修業し、帰藩後東照宮の山辺丹後と共に作り上げたものである。
はじめは、宝永7年(1710年)に没した四代藩主信政を祀る高照神社に奉献されたが、現在は津軽一円の神職によって継承され、各神社の祭典で奉奏される。
江戸時代には舞の種類が20番ほどあったようであるが、明治以降に巫子舞や狂楽舞などが行なわれなくなり、今は宝剣、千歳など11番である。
奏楽、舞踏とも優雅高尚で、神官が行なうところに特色がある。
 
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る