弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 久渡寺のオシラ講の習俗
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 久渡寺のオシラ講の習俗

ここから本文です。

久渡寺のオシラ講の習俗

久渡寺のオシラ講の習俗

【記録作成等の措置を構ずべき無形の民俗文化財(国選択)】
 
よみがな
くどじのおしらこうのしゅうぞく
員数
 
文化財の概要
 
指定年月日
平成11年12月3日
所在地
弘前市大字坂元字山元
所有者・管理者
久渡寺
 
生産の神であるオシラ様は桑の木で作った男女一対の木像が御神体で、毎年の久渡寺の大祭には大勢の人が参拝に訪れる。以前は旧暦の4月であったが、現在は5月15・16日の両日で、前夜祭の15日から泊り込みで祭に参加する人もいる。
当日は家や村で祭っているオシラ様を持参し、衣裳を重ね着させ、本堂で印を押してもらい壇に並べる。祈祷では護摩が焚かれ、オシラ様と参拝者を大幣でお祓いする。住職が退場し、境内で口寄せをしていたイタコが御詠歌やオシラ祭文を唱えるのが済むと、参拝者はオシラ様を受取り帰路につく。
オシラ様を1ヵ所に持ち寄って祭る数少ない習俗の例として貴重である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る